ごきげん手帖

かいたらすぐに拭いて!放置した「汗」が引き起こす意外な皮膚トラブル

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

デトックスやダイエットのためにも、汗をかくことはとても大切。しかし、湿度が高く肌がベタベタしやすい時期は「汗あれ」や「脂漏性皮膚炎」などの症状が起こりやすくなります。そんな汗による皮膚トラブルを防ぐためにも、汗はかいたらすぐに拭き取り、放置しないことが重要です。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■汗をかいたら気をつけたいトラブル

●汗あれ

汗の水分だけ蒸発し、汗に含まれるアンモニアや塩分などが肌に残ってしまうと、残った成分が刺激となり肌がかぶれる「汗あれ」を引き起こします。顔、額、首、ひざの内側や、衣類がこすれる部分に起こりやすく、水泡やかゆみを伴う赤いブツブツが症状として表れます。

●あせも

「あせも」というと、子どもがなるイメージが強いのですが、実は大人でもなります。「あせも」は、大量の汗をかいた後に汗を排出する通り道である「汗腺」が詰まり、周辺の組織を刺激し炎症を起こすこと。「汗あれ」同様に、かゆみや水泡、赤いブツブツができてしまいます。

●脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)

皮脂の多い頭皮や毛の生え際、脇の下、胸や背中などに赤いブツブツやかぶれに似た症状が表れます。ハッキリとした原因は解明されていないそうなのですが、皮膚に常在するカビの一種である「マラセチア」が皮脂や汗の雑菌を餌に繁殖し、皮膚に悪影響を与えているという説が有力となっています。


■汗トラブルを防ぐには?

かいたばかりの汗はほぼ無臭で弱酸性。しかし、放っておくとアンモニアが発生して肌荒れの原因になるのです。そのため、とにかく汗をそのままにしないことが大切です。
汗をかいたらシャワーで流したり、濡れたタオルや汗拭きシートで優しく拭き取りましょう。また汗や皮脂と肌本来の潤いは別ものなので、保湿をしてバリヤ機能を健康な状態に保ったり、皮膚を健康に保つビタミンB郡を摂取し、トラブルに負けない肌作りを意識することも重要です。

肌が荒れてしまうだけでなく、汗は放っておくとニオイにも繋がってしまいますので、これからの季節は特に気をつけたいものですよね。


(ごきげん手帖編集部)

【あわせて読みたい】
汗が気になる季節が到来!正しいニオイケアで一日中香る女に

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを撃退!
洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ
シミ・しわに対抗?ノーベル賞受賞成分「フラーレン」と「EGF」とは
背中やお尻のブツブツ・ザラザラ・乾燥対策に!ボディケア保存版
小顔の秘密は頭皮にアリ!?リフトアップのマッサージ法

【参考】
あせも 症状・疾患ナビ – 武田薬品
家族のあせも・汗あれ – ユースキン
スキンケアナビ 上手なボディケア 汗とケア – 花王
脂漏性皮膚炎 – 明治通クリニック
大人もあせもや肌荒れに – 中日新聞

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スキンケアの最新記事はこちら