ごきげん手帖

溢れだすその前に…!体に溜まった毒素を排出・浄化させるポイント2つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

「毒素が溜まる」と言われても、なかなか実感しずらいですよね。しかし、毒素は身近に溢れており、日々体に蓄積されてしまっています。毒素を溜め込むと肌荒れやシワ、くすみの原因になるだけでなく、痩せにい体質の原因にも。上手にデトックスするポイントは、毒を無毒化する食べ物や毒素を排出する食べ物を摂ることですよ!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■毒素は知らない間に蓄積されている!

私たちの日常には毒素がたくさん! 例えば、大気汚染や排気ガス、紫外線、タバコの煙、残留農薬など、知らないうちにどんどん体の中に入り込んでいます。さらに、早食いに食べ過ぎ、運動不足、睡眠不足などの生活習慣によるストレスも、毒素が溜まる原因に。


■毒素が溢れだすと肌荒れ。最悪は病気にも!?

毒素が溜まると、便秘や肩こり、頭痛、めまい、疲労感などの症状となって現われてきます。また、代謝が低下するため、シミや肌荒れなどの肌症状や、痩せにくい、冷え性、むくみなどの原因にも。毒素を溜めると美しくなれないのです。
人間の体には毒を溜め込む器があり、今は実感がなくても、40~50代になってからいよいよ毒素が器から溢れ出し、病気となって現われるというケースも少なくないので要注意!


■毒素を溜め込まないポイント2つ

その1:毒素を排出を促す

まずは毒素の排出口をふさがないこと。お通じを良くしたり、水分をしっかりとったりして入浴や運動で汗をかくようにしましょう。

その2:毒素を排出・消化・無毒化する食べ物を摂る

ジャンクフードなどの食品添加物が多い食べ物は避け、毒素を無毒化したり、排出しやすくする食べ物を摂取するようにしましょう。白湯で消化力を高めるのもポイントです。

[毒素を無毒化]玉ねぎや長ねぎ、ニラ、ニンニク、らっきょう
[毒素を排出]食物繊維を多く含むもの。寒天、こんにゃく、昆布、わかめ、ごぼう、さつまいも、納豆、玄米


美肌のためにも、未来の健康のためにも、ぜひ毒素を溜め込まない習慣を心がけてみてください。


(ごきげん手帖編集部)

【関連記事】
水溶性と不溶性の違いって?食物繊維の種類別デトックスやダイエットのコツ

【参考】
毒素って、どうしてたまるの? – クラシエ
ボディクリアランスを促す食べ物をとろう – クラシエ
※蓮村誠著(2012)『究極のデトックスレシピあなたの体質に合った毒出しメニューの黄金ルール』(PHP研究所)
※小池義孝著(2012)『不健康は治る!人生が劇的に変わる!「毒を溜めない」「毒を出す」黄金の生活習慣』(主婦と生活社)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

ライフスタイルの最新記事はこちら