ごきげん手帖

メイク直しをすると毛穴が目立つ!?毛穴を上手に隠す3つのコツ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

メイク直しをしたはずが、「アレ? なんだか余計に毛穴が目立っているかも!?」というピンチに陥ったことはありませんか? 塗れば塗るほどアラが目立って悪循環……そんなおブスメイク直しを避けるために大切なのは、「脂の取り方」と「一手間保湿」「ファンデーション前の下地使い」のようですよ。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■間違ったメイク直しが毛穴をどんどん目立たせる!?

毛穴やメイク崩れをカバーするためにメイク直しをしているつもりが、間違った方法でファンデーションを塗れば塗るほど「アラ」が目立ってしまうもの。メイク崩れの主な原因は「汗」「乾燥」「皮脂」。おブスメイク直しにならないためにも、上手に毛穴をカバーするためのテクニックを覚えておきましょう。


■毛穴もメイク崩れも上手にカバーするメイク直しのコツ3つ

(1)脂取り紙でなく、コットンで皮脂をオフ

ファンデーションを重ねれば重ねるほど、どうしても厚塗り感が出てしまうもの。破滅的にファンデーションが崩れているわけではなく、少し皮脂を取るだけで大丈夫そうな場合は、あぶらとり紙よりもコットンで皮脂をオフするのがおすすめです。ファンデーション落とさずに、余分な皮脂のみが取れるので、自然な仕上がりに。


(2)スプレータイプの化粧水で保湿

乾燥した状態の肌にファンデーションを塗っても結局は崩れてしまったり、最悪のケースではひび割れのホラー状態になってしまいます。余計な皮脂を取ったあとは、スプレータイプの化粧水でもう一度水分補給するようにしましょう。


(3)ファンデーションを塗り直す前に乳液か下地を塗る

化粧水で補給した水分を逃さず、さらにファンデーションが乗りやすくなるために、皮脂をオフしたコットンの裏側で乳液もしくは化粧下地をなじませましょう。これをすることで、重ね塗りするファンデーションがなじみやすくなります。


単に重ね塗りするだけではなく、一手間を加えることがキレイなメイク直しのコツのようですね。


(前田紀至子)

【関連記事】
正しくできてる?崩れたファンデのメイク直し法

【参考】
簡単!手軽!なるほど美肌ケア【春~夏版】この時期気になる!毛穴事情 ~ホンネ座談会にプロが切り込む~ – シルコット – ユニチャーム

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

アイテムの最新記事はこちら