ごきげん手帖

朝ココナッツオイルで痩せ体質に!?混ぜるだけの簡単レシピ3つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

昨年から爆発的な人気を誇る「ココナッツオイル」。海外セレブや道端ジェシカさんなど、美と健康にストイックな人たちを虜にしているココナッツオイルは、健康によいだけでなく美味しいのも魅力の一つ。ココナッツオイルを、朝に摂ることで痩せ体質を作るサポートになるようですよ。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■ケトン体スイッチONで代謝UP

私たちの身体は、糖を主なエネルギー源としていますが、血液中や筋肉から作られる糖などが全てなくなると、脂肪を分解して「ケトン体」を作りエネルギー源として利用します。

糖質を減らすことで、脂肪をエネルギーとして利用するケトン体の働きを活性化する「ケトジェニックダイエット」を推奨されている順天堂大学の白澤教授によれば、現代は糖質の多い食べ物に溢れ、ケトン体回路の働きが悪くなっているそう。このケトン体回路の活性化に一役かうのがココナッツオイルです。ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は、肝臓で分解されケトン体を作ることで、ケトン体回路を活性化するのだそうです。

 

■ココナッツオイルは朝がおすすめな理由

白澤教授によれば、中鎖脂肪酸は、食後約3時間で分解されケトン体を作ってエネルギーとして利用するそうですから、朝にココナッツオイルを摂ることで、エネルギー不足になりがちな午前中もケトン体をエネルギーとして代謝のよい痩せ体質作りのサポートに!

■朝ココナッツオイルレシピ

(1)ココナッツオイル入りコーヒー

コーヒーに含まれるカフェインには、交感神経を刺激して、すでに蓄積された脂肪の分解を促します。分解された脂肪は、使わなければ再度脂肪細胞に取り込まれてしまいますから、通勤や通学など身体を動かす前に飲めば、ココナッツオイルとダブルで脂肪燃焼のサポートに。


(2)ココナッツオイル入りグリーンスムージー

ケトン体スイッチをONするためには、できるだけ糖質を身体に入れないこともポイント。バナナなどのフルーツは避け、糖質の少ない葉物野菜で作ったスムージーにココナッツオイルを入れましょう。


(3)ココナッツオイルヨーグルト

タンパク質はケトン体の合成を促す栄養素。朝にタンパク質の多いものを食べると1日の空腹感が抑えられる、との研究結果もありますから、ヨーグルトや豆乳にココナッツオイルもおすすめ。ただし、甘味はゼロで食べましょう!

混ぜるだけで簡単に使えるココナッツオイル。毎朝の習慣にしてみてはいかがでしょうか。


(岩田麻奈未)

【関連記事】
いっぱいありすぎて分からない!という人に。 ココナッツオイル比較紹介

【参考】
食の研究所
※クロワッサン特別編集(2014)『ココナッツオイル・バイブル』マガジンハウス

※ 白澤卓二著(2012)『2週間で効果がでる!白澤式ケトン食事法』かんき出版

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

フード・食べ物の最新記事はこちら