ごきげん手帖

タオルの使用はNG!?マツエクをキレイに保つポイント3つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

「抜け感メイク」「すっぴん風メイク」など、ナチュラルメイクブームの到来で、マツエクを始めた方も多いのではないでしょうか。しかし、中には「なかなかキレイに保てない……」と悩んでいる人もいるのでは? そこで今回は、まつげエクステサロン「MANHATTAN」のオーナーである垣内綾子さんに、マツエクをキレイに保つポイントを教えてもらいました。洗顔後、タオルで顔を拭いている人は要注意ですよ!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■マツエクをキレイに保つためのポイント3つ

(1)タオルを使って顔を拭くのはNG!?

洗顔後、顔の水分を拭き取るときにタオルを使用してしまうと、タオルの繊維をまつげにひっかけてしまう人が多くいるそう。目元の水分を拭き取るときには、繊維のないティッシュがベター。タオルを使う際は気を付けましょう!


(2)まつげ美容液で毎日トリートメントを

髪の毛のトリートメントは毎日するのに、まつげのトリートメントはしない人、多いのでは? まつげも髪の毛と同じで、ケアしないと傷んでいってしまいます。土台となるまつげが健康でないと、マツエクの持ちも悪くなってしまうので、まつげ美容液を毎日つけるように心掛けましょう。まつげのよれや崩れも整えてくれる、マスカラタイプのものがおすすめなのだそう。


(3)プロによる定期的なメンテナンス

まつげは、爪や髪と同じように、毎日成長して変化するパーツなので、やはりプロによるメンテナンスは必須。個人差はありますが、3週間~4週間に1度はメンテナンスに行くようにしましょう。マツエクが取れやすいというのには理由がありますが、それを知らないで続けるのは危険です。プロによるカウンセリングで、原因を追究しながら改善していくことが大切です。


自然でありながら、印象的で美しい目元を作れるマツエク。正しいケアで、できるだけ長く、美しい状態を保てるようにしましょう!


(ごきげん手帖編集部)

【関連記事】
「まつ毛貧乏」女子に朗報!お金いらずのフサフサ習慣4つ

【取材協力】
MANHATTAN

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スキンケアの最新記事はこちら