ごきげん手帖

腹巻きは女子のミカタ!お腹を温めて、キレイになろう

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

腹巻きはオジサンアイテムだと思っていたら大間違い! 腹巻きは、美肌に大敵な冷えを解消して、むくみや生理痛、ダイエットなどにとっても効果的なのです。今回は、腹巻きのすごいパワーについてご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■冷えは万病の元!

体温が1度低下すると体の免疫力が30%も落ちてしまうって、知っていましたか?
冷えによって引き起こされる体のトラブルは、肩こりや腰痛をはじめ、生理痛や生理不順、便秘に下痢、不眠……、それはもうたくさん。シミやシワなど、肌トラブルを招く場合もあるのです。

■お腹を温めるとキレイになれるワケ

冷えと聞くと、寒さを感じやすい手足のことだけを想像しがちですが、原因は内臓の温度の低下にあります。冷たい飲み物などを飲んで体が寒さを感じると、大切な臓器が集まっているお腹を先に温めるために、脳が全身の血液を集めようと働きます。その結果、手先や足先の末梢血管まで血が行き届かなくなり、冷たくなってしまうのです。
そこで重要なのが、お腹を温めてあげること。血液は約45秒で全身を巡っていますから、血流の多いお腹を集中的に温めることで、全身の血行が良くなります。手足の冷えはもちろん、リンパの流れがスムーズになればむくみも解消され、老廃物の排出もしやすくなるので肌までキレイになれちゃうのです。

■あなたにぴったりな素材を見つけてみよう

最近は腹巻きの良さが見直されて、さまざまな素材やデザインの製品が販売されています。用途に合わせて選んでみるのも楽しいかも!

●シルク
保湿効果のある成分を含み、しっとりとなめらかな肌触りが特長。敏感肌やアレルギーの人でも安心です。

●コットン
吸湿性や保温性、通気性に優れているので、季節を問わず使えます。洗濯にも強いので、ガンガン洗ってもOK!

●ウール
保温性の高さならピカイチ! ただし、汗を吸うと乾きにくいため、肌に直接つけずに、コットン素材のインナーの上から着用するがおすすめです。

●化学繊維
保湿・発熱素材などを用いているなら、さらに暖かさアップ。伸縮性が高く、体にしっかりフィットするのでアウターにも響きにくいのがポイント。ただし、敏感肌の人は注意が必要かも。


お腹を温めることは、体温の低い女性にとってはとっても大切。今はおしゃれで可愛い腹巻きもたくさん出ているので、お気に入りの1枚を見つけてみてはいかがでしょう。


(ごきげん手帖編集部)

【関連記事】
女性の味方!ドライフルーツでお腹の中からも外からも綺麗に

【参考】
冷えについて【その1】 – はらだ接骨院
おなかを温めて「冷え」を撃退。実践!腹巻きビューティーライフ – ライスフォース
むくみの対策 – SERENESSE

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

アイテムの最新記事はこちら