ごきげん手帖

食べれば冷え解消!?血流を良くする冬のおすすめおやつ3選

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

冬は血流が滞ってしまい、コリや冷え、末端冷え性など、様々な不調を招いてしまいがち。そこで今日は、血流を良くしてくれるチョコレートやゴマもち、くるみといったおすすめおやつと、その働きについて紹介したいと思います。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■血流を良くするおやつ3つ

(1)チョコレート

チョコレートの成分であるカカオポリフェノールには、血液の流れを改善する働きがあります。ポリフェノール550mgを含むダークチョコレートを食べた人は、食べる前と後で比較すると血管がしなやかになったという研究結果も得られているのだとか。血管をしなやかにすることで、動脈硬化になる可能性を減らせるので、健康な血液を維持するためにも、ぜひ食べておきたいところ。


(2)ゴマもち

家でお餅を焼いてゴマと絡めたゴマもちや、ゴマ団子は、その食べ応えから高い満足感を得られます。さらに、ゴマの中に含まれるセサミンという成分を摂取することによって、血液の流動性が良くなるという効果が期待できます。血液の流れの向上とともに、高い抗酸化作用もありますので、くすみが気になる時にはゴマを使ったおやつを食べてみるのも良いですね。


(3)くるみ

くるみは、コレステロール値を下げて血管を柔軟にし、血液の流れをスムーズにする働きがあります。さらに、ナッツの中でも栄養価の高いくるみは、ビタミンEや食物繊維といった、美肌作りに欠かせない成分がいっぱい。とは言っても栄養価だけで無くカロリーも高いので、毎日ひとつかみを目安に食べるようにしましょう。


肌や血流にもポジティブな働きをしてくれるおやつを食べて、冷え性改善に役立ててくださいね。


(前田紀至子)

【関連記事】
末端冷え症解消の簡単テク4つ

【参考】
DHA&EPAとセサミンおよびビタミンEの血液の流動性と脂質代謝の改善効果を確認 – ニュースリリース – サントリー株式会社
チョコレートの美味しい関係 動脈硬化×チョコレート – みんなの健康チョコライフ – 株式会社 明治
くるみの栄養価 – カリフォルニア くるみ協会

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

フード・食べ物の最新記事はこちら