ごきげん手帖

バスタイムでスキンケアできちゃう!おすすめの保湿アイテム3選

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

寒い季節はゆっくりと湯船に浸かり、体を芯から温める習慣をつけたいところ。お肌の乾燥が気になるこれからの季節は、そんなバスタイムを利用した保湿ケアがおすすめです。知らないと損をするスキンケアのポイントと、バスタイム中の使用で効果を高めてくれるおすすめのアイテムをご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■バスタイムに実践したい! スキンケアのポイント3つ

湿度の高いバスルームは、乾燥が気になるこれからの季節にとって快適な空間になります。そんな空間でもっとスキンケアを意識してみませんか?


(1)お風呂に入る直前にメイクを落とすこと

お風呂の中でメイクを落とすと、メイク落としの効果が半減してしまったり、落とし残しがでてしまう可能性大です。お風呂に入る直前に、ポイントメイク→顔全体の順に鏡を見ながらしっかりと丁寧に洗い落しておきましょう。


(2)湯船に浸かっている時は肌の水分を拭き取ること

湿度の高い空間であっても、肌についている水分が蒸発することで肌内部も乾燥しやすくなります。湯船に長く浸かる場合は特に、肌が濡れたままにならないように注意しましょう!


(3)洗顔は洗髪後におこなうこと

シャンプーやトリートメントを肌に付着したままにしておくと、肌トラブルの原因になる可能性があります。洗顔は洗髪後、なるべく早く行うようにしましょう。湯船に浸かって毛穴を開かせた後がより効果的です。ただし、水分を含んで柔らかくなっている入浴中の肌こそ、ゴシゴシ洗いは厳禁です。泡で肌を包み込むように、やさしく洗うように心がけましょう。

 

■バスタイムにおすすめ! 保湿を強化できちゃうおすすめアイテム3選

(1)ライスマスク ウォッシュオフ / スキンフード

skinfood-20

角質除去+保湿ケアできる洗い流すタイプのフェイスマスク。お米のつぶつぶが入ったクリームは、柔らかなテクスチャーなので、スクラブが苦手な人にも安心。乾燥トラブルに悩む肌にもおだやかに作用してくれます。保湿力の高いコメの胚芽抽出成分が、しっとり艶やかな肌に整えてくれます。塗った後に湯船の中で過ごせば、効果がアップすること間違いなしです。


(2)ニベアクリーム / 花王

nivea-20

赤ちゃんからお年寄りまで、全身に使用できる保湿クリーム。スクワランやホホバオイルが肌におだやかに作用し、肌をやさしく潤してくれます。バスタイムでは洗顔後のマッサージ+パックに使うのがおすすめ! お風呂の蒸気が肌をよりしっとり整えてくれます。敏感に傾いた肌にも安心の使用感なので、これからのシーズンに常備しておきたいアイテムです。


(3)アルガンオイル / 無印良品

muji-20

モロッコに生息するアルガンツリーの実の種子から抽出された、注目の美容オイル。高い保湿力はもちろん、肌の老化・酸化予防にも効果を発揮してくれる万能さが魅力です。洗顔後すぐに使用すれば、後のスキンケアの浸透をサポートしてくれるブースター的役割も。ゆっくり湯船につかる日こそ、乾燥対策&保湿強化のために取り入れたいアイテムです。


寒さが気になるこれからの季節は、バスタイムでもっと積極的にスキンケアしませんか? 代謝がアップする入浴中こそ、効果も高まりますよ。クレンジングや洗顔で肌をニュートラルな状態に戻したら、湯船に浸かりながらのパックやマスクで保湿を強化してみて! 効果的なケアで乾燥シーズンを乗り越えましょう!


(鴨志田祥子)

【関連記事】
バスタイムは最高のエステ時間!心も体も磨き上げる優秀アイテム3選

【参考商品】
ウォッシュオフ – スキンフード
ニベアクリーム – 花王 
アルガンオイル – 無印良品

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

ライフスタイルの最新記事はこちら