ごきげん手帖

寝起きからイイ女なのは3人に1人だけ!? 「たった5分」で別人並にキレイになる方法

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

「夏の寝起き顔って最悪!むくみが酷いし目も腫れてるし何だかくすんでる……。」なんて経験のある方も多いはず。本日は、そんな夏に起こりやすい、“寝起きおブス現象”を解決する方法をお伝えしたいと思います。

 

■70%の女性が寝起き顔に悩みあり

オルビス株式会社が、20~30代女性500名を対象に行ったフェイシャルケアの調査によると「朝の起き抜けの顔が“がっかり顔”になってしまった経験はありますか?」の問いに対し、70%が「ある」と回答。さらに、「起き抜けが“がっかり顔”だった時の、顔や肌の状態」について聞いたところ、最も多くの方が「顔がむくんでいる(56%)」と答え、次いで「目の下にクマができている(48%)」、「目が腫れぼったい(44%)」と続いたそう。

また、「起き抜けの顔が“がっかり顔”になりやすい季節は?」との問いには、46%が「夏」と回答し、女性にとっては最も嫌な季節が到来したとも言えそう。

 

■夏の寝起き顔がスッキリしない理由

寝起きの顔に、むくみや目の腫れ、くすみなどのトラブルが起こるのは、血の巡りが悪くリンパ液が停滞している証拠。

気温が高くなる夏に症状が悪化する人が多いですが、その理由の一つとして、体内の水分量が増える事が挙げられます。たくさん汗をかくのでデトックスしている様な感覚に陥りますが、実は、他の季節よりも格段に水分を補っているため体内に蓄積されている状態に。それも、冷たいものばかりなので代謝も落ちる一方。また、冷房などで体の冷えも進んでしまい、さらに悪循環。この事が、様々なイヤ~な症状を引き起こしてしまいます。

 

■寝起き顔をスッキリ美人顔にする方法

前途した症状が出てしまったら、朝のうちにしっかりケアして、スッキリ顔で出かけられるようにしたいですよね。そこで、簡単にケアできる方法をご紹介します。

●Step1:「ホットタオルパック」

マッサージよりも簡単にできて効果が出る方法は「ホットタオル」を使う事。血行が促進され、顔の血色が良くなるため、むくみだけでなく、どんより気になるクマやくすみも一掃してくれます。さらに、朝のイライラをクルーダウンしてリラックスさせてくれる効果も。

作り方も簡単!水に濡らしたタオルを、しっかり絞ってグルグルに丸め、レンジでチン(700W30秒、500W50秒ほど)するだけ。お顔に乗せて、しばらく温めます。できたては熱いので気をつけましょうね。

 

●Step2:「ひんやりコットンパック」

ホットタオルで温めた後は、血管が拡張して血の巡りが良くなっていますので、今度はひんやりコットンパックでキュッと引き締めて行きましょう。お手持ちの化粧水をコットンに浸し、肌の上に乗せて、約3分ほど放置。その後、顔全体をパッティングをして終了です。その際に、収れん化粧水か、ひんやり効果のあるタイプのものを使うと毛穴も引き締まり皮脂も出にくくなるのでオススメですよ。

血液やリンパの流れが良くなれば、自然と肌のトーン明るくなるので、ツヤ感も生まれます。寝起きの悩みは朝のうちに解決してハッピーな1日を迎えましょう。

(山本朱美)

【関連記事】

それって水の飲みすぎじゃない!? 女性の約7割が該当する「水毒」って?

「何を試してもダメだった」くすみ肌も別人並みの透明美白肌に!魔法の美白習慣って?

【参考】

「むくみ」や「くすみ」で起き抜けの顔が台無しに… 5人に1人が、寝起きの「がっかり顔」、ほぼ毎日経験! 一方、対策が十分にできている人はわずか1割台 – PR times

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スキンケアの最新記事はこちら