ごきげん手帖

肌美人は朝洗顔にもこだわってる!? 「朝のお肌にこそオススメ」の洗顔アイテム3選

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

毎日、ただなんとなく洗顔していませんか?「洗顔はスキンケアの基本」とは聞くけれど、洗いすぎによる乾燥も気になるし… 人それぞれ肌の質が違うので、どのような洗顔が自分に合っているのか迷ってしまいますよね。まずは朝の洗顔から見直してみませんか?

 

朝洗顔が必要なワケ

人は眠っている間にたくさんの汗や皮脂を分泌しています。夏の時期は、朝起きると全身がベタベタで顔もテカテカしているので実感しやすいですが、量は違えどこれは一年中のこと。そこに、前日のメイクや皮脂の汚れが落としきれずに残っていたりすると… これだけでも朝の洗顔なしにメイクをすることが恐ろしくなりますよね。また、眠っている環境にも問題が潜んでいる可能性が。枕などの寝具は不衛生になりやすいので、ホコリや繁殖したダニや雑菌などが顔に付着してしまうことも考えられるのです。

朝の洗顔は、さまざまな汚れを落とすうえで大切なこと。すごく意味のあることなのです。肌に汚れを蓄積させないためにも、トラブルを未然に防ぐためにも、「朝洗顔」をしっかりと習慣づけましょう!

 

■「朝洗顔でキレイになる」ポイント3つ

朝のスキンケアは短時間で終わらせたいですよね?  でも間違った洗顔は肌にとっては逆効果。朝の肌に効果的な洗顔のポイントをチェックしましょう!

(1)はじめに人肌くらいのぬるま湯で素洗いをすること

冷水では皮脂を落とせません。まずは肌と同じか、それより少し低いと感じるくらいの温度のお湯で軽く洗います。

(2)洗顔料はしっかりと泡立て、皮脂の気になる部分を中心に洗うこと

肌への負担を軽減させるためにも、しっかりとした泡で肌を包み込むように洗うのがポイント。乾燥の気になる部分は洗顔料は控えめにします。

(3) すすぎ残しに注意

洗顔料のすすぎ残しは吹き出物やくすみの原因に。皮脂の気になる部分を中心に丁寧に洗い流します。

 

朝の肌環境を整えてくれるおすすめ洗顔料3選

洗い上がりの肌がつっぱる場合は洗顔料を見直しましょう。肌の汚れをおだやかに落としてくれる、仕上がりしっとりのアイテムをご紹介します。

(1)SINN / デイソープ

SINN-wash

日本人の肌のためにつくられた、オーガニックブランドによる朝専用の洗顔ソープ。シアバターやオリーブ油などの天然の保湿成分や美容成分が、日中に受ける紫外線や乾燥などの刺激から肌を守るためのアプローチをしてくれます。 ユーカリとローズウッドをブレンドしたさわやかなで清々しい香りが、朝のケアにピッタリです。

 

(2)ディセンシア / つつむ ジェントル クリームウォッシュ

decencia-wash

洗浄料による刺激を緩和しながらやさしく洗い上げてくれる、低刺激処方の洗顔フォーム。敏感肌のことを考えてつくられたものだから、トラブルの気になる肌にも安心です。8種類もの保湿成分が配合されているので、洗い上がりはしっとり。メイクのしやすいなめらか肌に整えてくれます。

 

(3)オバジ / アクティブサージ プラチナイズドムース ウォッシュ

obaji-wash

きめの細かい弾力泡がワンプッシュで出てくる泡状洗顔料。忙しい朝にピッタリの頼れるアイテムです。ちょっと元気がないなと感じる肌にはマッサージをプラス! 炭酸の効果で、短時間でクリアで明るい素肌に仕上げてくれます。洗浄力はおだやかで保湿成分がしっかりなのもおすすめできるポイントです。

 

朝の洗顔は“落とし過ぎ”に注意! 乾燥が気になる部分の過剰な洗顔は控えましょう。泡立てネットなどを活用して、しっかりとした泡でやさしく洗顔することを心がけましょう。

(鴨志田祥子)

【関連記事】

今すぐやめて!「お風呂ついで」の洗顔がニキビ、たるみの原因に?

【参考】

スタイラ シン

ディセンシア

オバジ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スキンケアの最新記事はこちら