ごきげん手帖

姿勢を変えるだけで人生変わるかも!? 「肌美人になれる」姿勢のポイント3つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

仕事で疲れている時や、気持ちが冴えなくて姿勢が悪い時って、心なしか肌の調子も優れないような……、もしかして「姿勢と肌って関係があるのでは?」とリサーチしたところ、驚きの関係が明らかになりました。肌と姿勢の深い関係に迫ります。

女性の美肌づくりを応援する

 

■姿勢が悪いと…

姿勢が悪く、猫背だと、人にだらしない印象を与えてしまいかねません。しかもそれだけではなく、肌に対しても悪影響がある怖れが。実は、肩甲骨が縮こまり、猫背の状態でいることによって、代謝が下がり、肌の老廃物が正常に排出されないことで、ニキビなどの肌荒れやくすみの原因になってしまいます。

 

■姿勢を良くすると…

姿勢を良くすることで、代謝が上がって肌の調子が良くなると考えられますが、姿勢を良くすることによる効果はそれだけではありません。姿勢を確認するにあたって、鏡で自分の姿を見るようにすると、自分の体に意識が向きます。そうすると体調の不調や肌トラブルの前兆に早く気付き、早い段階で改善や対策することに繋がり、悪化を防ぐことが出来ます。

 

■姿勢を良く保つポイント3つ

(1)「頭のてっぺんから糸で引っ張られている」ように意識キープ

姿勢を良くするには頭頂部を一本の糸で引っ張られているようなイメージにすると分かりやすいもの。常に重心を上に意識することで姿勢も崩れません。

(2)壁に体をつけて4点チェック

姿勢が良い状態がどんなものか確認するために壁を使うのも手。壁に体をつけて、「後頭部」「肩甲骨」「お尻」「かかと」がぴったりくっついていれば、正しい姿勢であると考えていいでしょう。

(3)顎を引いているかどうか確認

姿勢が崩れている時は背中が丸まっているだけでなく、顎も突き出てしまいがち。姿勢はもちろんですが、顎がだらしなく突き出ていないかも意識的に確認するようにしましょう。

 

美しい姿勢と調子の良い肌で清々しい季節を楽しみたいものですね。

(前田紀至子)

【関連記事】

ポッコリお腹の原因にも!激増するストレートネックを解消する姿勢とは

【参考】

姿勢を正して美肌に? – d programブランドサイト

からだカルテ – タニタ

健康キレイナビ – ライオン株式会社

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

ライフスタイルの最新記事はこちら