ごきげん手帖

美容家だっておやつ食べます!「コンビニでも買える」ビューティーおやつ5選

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

お仕事中にちょっとお腹が空いたとき、気分をリフレッシュしたいとき―。みなさんはどんな「おやつ」を選んでいますか? おやつは、食べずに過ごせれば一番なのですが、お腹が空いて集中できなかったり、イライラしてしまった時には、気分転換のためにもおやつタイムが必要! それどころか、おやつによっては、美肌作りにも役立つことも! そこで今回はおやつ選びのポイントと、美容系フードクリエイターである筆者が実際に食べている「おやつ」をご紹介します。

20140414iwata285

 

■「ビューティーおやつ」を見極めるテク3つ

(1)糖分チェック!

使われている糖分を必ずチェック! 『果糖ブドウ糖液糖』、砂糖、水飴などの糖分が使われているものは避けましょう。例えば、「黒砂糖●●使用」と書かれていたとしても、成分表示欄をチェック。成分表示欄は、「使用量が多い順」に書かれていますから、黒砂糖が最後の方で、砂糖が一番に書かれているようであれば、砂糖の使用量が多いということ。名前だけでなく、成分表示欄をチェックするクセを付けてみて!

(2)「オリーブオイル使用」に騙されないで

基本はノンオイルがオススメなので、例え「エクストラバージンオリーブオイル使用」と書かれていたとしても、作られてから時間が経っているため、どうしても酸化しています。ポテトチップなどの揚げ物は避けましょう。

(3)「おせんべい=ヘルシー」信仰は危険!

案外見落としがちなのが、塩分。スナック菓子やおせんべいなどは、思っているより多くの塩分が使われています。味が濃いほど、美味しいと感じる人が多いからです。塩分は、身体に必要な成分ですが、過剰な塩分は水分バランスを崩しむくみの一因に。おやつでは、塩分は控えましょう。

 

■筆者がホントに食べてる「おやつ」5つをこっそり……

(1)ドライいちじく

美肌おやつの定番「ドライいちじく」。食物繊維やビタミン・ミネラルがギュッと濃縮されたドライフルーツは、おやつにおススメ。ただし、「オイルコーティングしていないもの」「砂糖が使われていないもの」を選びましょう! いちじくなら、プチプチした種をしっかり噛むことができ、イライラの解消にもおススメ。

(2)ナッツ

ナッツは、抗酸化ビタミン『ビタミンE』の含有量が高いだけでなく、タンパク質も豊富。食事から3時間後に高たんぱくのものを食べると血中アミノ酸濃度が上昇することがわかっています。アミノ酸は、コラーゲンを作る大切な栄養素。ナッツが苦手な方は、ゆで卵や大豆がおススメ。

ナッツを選ぶ時は、ノンオイル、ソルトフリーを選んで下さいね!

(3)干しイモ

炭水化物が多いから……と悪者になりがちな「サツマイモ」ですが、サツマイモの炭水化物のうち1割は食物繊維。同じ糖質でも、食物繊維と一緒に摂ることで、糖の吸収が穏やかになります。干しイモはカリウムもたっぷり!食べ過ぎはおススメしませんが、少量であればOK。

(4)海苔

海藻は、水溶性食物繊維とミネラルの宝庫。ミネラルは、コラーゲンの生みの親『線維芽細胞』を増やす働きがあり美肌作りに効果的なだけでなく、腸内で便を柔らかく保ち、腸の筋肉の動きをスムーズにする効果もあり便秘の予防にも◎。

(5)SOYJOY ピーナッツ味

意外と注目されていないかと思いますが、SOYJOYピーナッツは、使用している糖分がアガべシロップのみ。アガぺシロップは、低GI食品で血糖値を急上昇させず、おススメの甘味。その上、大豆を使っていますから、大豆イソフラボンやタンパク質も摂れる優秀なおやつです。

 

どのおやつを選んだとしても、一緒に水分をしっかり摂ることも美肌作りを妨げないポイント。なかでも炭酸水は胃腸の働きを活発にする効果がありますし、ハーブティならビタミン・ミネラルが豊富なだけでなく香りのリラックス効果も! 特にドライフルーツなどは、水分と一緒に食べれば胃の中で膨らんで満腹度UP。美肌おやつとはいえ、食べ過ぎは良くありませんから、必ず水分と一緒に食べて、食べ過ぎには気を付けましょう!

(岩田麻奈未)

【関連記事】

こっそりお教えします!美容家が日常「本当に飲んでいる」飲み物5つ

「チョコ依存」がかえってストレスを生む!「今すぐすべき」脱出法4つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

フード・食べ物の最新記事はこちら