ごきげん手帖

顔だけでは足りない!? 日焼け止めを「うっかり忘れがち」な箇所3つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

花粉との戦いも継続中ですが、桜も散りはじめて、そろそろ“かな~り”気になるのは日焼けの存在。日射しの強い日だけじゃなく、毎日気をつけたい紫外線対策。顔は毎日塗るかと思いますが、顔以外の場所で“うっかり”忘れがちな場所を3つまとめてみました。

女性の美肌づくりを応援する

 

■1:眼鏡やサングラスで「目」から受ける紫外線もカット

目は紫外線を浴びてしまうと、角膜が炎症を起こしてしまいます。このような目自体の炎症も避けたいところですが、その炎症がきっかけとなって「お肌」の日焼けスイッチが入ってしまいメラノサイトがメラニンを生成してしまうことも分かっています! いくら顔の日焼け止めはバッチリでも台無しです。

また、紫外線が原因でできる「目のシミ」にも要注意。白目の一部がシミのように黄色く濁ってしまうことがあります。それを防ぐためにも外出時はUVカット機能のある眼鏡やサングラスを活用するのがおすすめ。

 

■2:パサパサ髪は色気ゼロ!「髪」用の日焼け止めスプレーもマスト

これからの季節に肌と同じく気をつけたいのが「髪」の日焼け予防。いくら肌を紫外線から守っても、髪が日焼けしてギシギシになってしまうとキレイな肌も台無し。最近は頭皮にも優しいタイプの頭髪用日焼け止めスプレーなどが発売されていますから、外出前は肌と共に髪にも日焼け止めをスプレーするのが良いでしょう。

 

■3:忘れがちな「首」「耳」の後ろも

うっかり気を抜いて日焼けしてしまいがちなパーツ、デコルテ。顔のすぐ近くにある部位だからこそ、顔周りを透明感ある明るい雰囲気に保つためにもデコルテケアは忘れたくないところ。日焼け止めを手のひらに数滴垂らしたら、首の下から上に向かってムラなく塗るようにしましょう。うっかり忘れがちな首の後ろや耳の裏もぬかりなく!

 

紫外線対策に早すぎるなんてことはなく、抜かりなくケアをすればするほど、後々の後悔も少なくて済むはず。思い立ったが“紫外線対策吉日”かもしれませんね。

(前田紀至子)

【関連記事】

なんて楽チン!寝る前に●●するだけで「二度見されるほど」美白肌になる方法

【参考】

クマ研究所×JINS 紫外線についてマジメに考えてみました – JINS

HOW TO USE – アネッサブランドサイト

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スキンケアの最新記事はこちら