ごきげん手帖

簡単作り置きレシピ!冷えを撃退する温め効果抜群の生姜シロップ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

ごきげん手帖でも何度か取り上げている“生姜”。継続的に摂取すると、体の冷えが改善され、美しい肌をキープする事ができるようになるので、毎日でも摂る事をオススメします。そこで今回は、簡単に作れて色々な料理に使える、とっておきの生姜シロップのレシピをご紹介したいと思います。

■生姜が美肌に良い理由

生姜は、どんな料理に加えても相性が良い事に加えて、胃腸にも優しいので、昔から多くの漢方薬にも使われている優れた食材です。200種類以上の辛味成分が含まれていますが、その中でも、特に体を温め、美肌効果が高い成分は、『ショウガオール』。血流を促進し、体を芯からしっかり温め、シミやシワ、たるみの原因となる活性酸素を除去してくれる作用があるそう。

また、全ての臓器を活発にさせる働きがあるので、体内をクリーンにし老廃物をデトックスしてくれる効果も。しかもショウガオールは、加熱すると増加する性質があるため、温めた生姜を摂取する事が1番良いとされています。

 

■毎日使える生姜シロップレシピ

肌の老化を予防し、美人度をUPしてくれる“生姜”。それらの効果を最大限実感するには、少量でも良いので毎日摂る事が理想的です。こちらのシロップは、砂糖の代わりに料理やドリンクに入れたり色々な活用法があるので、とても便利ですよ!

【作り方】

(1)しょうが(100g)をよく洗って皮ごと厚さ1mmの薄切りにする

(2)小鍋にしょうがとはちみつ(200g)を入れて中火にかける

(3)煮たったら弱火にし、3分ほど煮て火を止める

(4)冷ましてから瓶に入れ替えて冷蔵庫に入れて保存する

 

■生姜シロップの使い方4つ

(1)お湯or牛乳で割る

生姜シロップ大さじ1杯に、湯や牛乳を入れて混ぜ合わせて飲みましょう。お風呂前に飲むと、たっぷりと汗をかきやすく、体もポカポカと芯から温まります。また、寝る前のリラックスタイムにもオススメですよ。

(2)トーストに乗せる

食パンの片面にバターをぬって焼き、生姜シロップ大さじ1杯を塗って食べましょう。その際、シロップだけでなく浸けてある生姜を一緒に乗せて食べると、胃腸の働きを促進し、効果も更にUPします。

(3)煮物の砂糖代わりに使う

いつものレシピに砂糖ではなく生姜シロップを使用してみましょう。臭みが取れるので、魚を使った煮物にもオススメです。また、ブリ大根や、豚の角煮風などにも、相性が抜群です。

(4)ビールに入れる

ビール200ccに生姜シロップ大さじ1杯を入れると、健康的なシャンディガフに早変わり。ビールの酵母が、体に生姜を溶け込ませてくれるので、飲むだけで美しくなれちゃいます。

 

このシロップを常備しておくだけで手軽に毎日生姜を摂る事ができるなんて、朗報ですね! さっそく今日から生姜美容を始めてみましょう。

(山本朱美)

 

【関連記事】

※ 冷え女子さんも血行促進!冷え取りがスゴイ●●ショウガを1週間続けると…

【参考】

※ 冷えに効く生姜は生?温?乾燥?-日経ウーマンオンライン

※ 元気ときれいの教科書 からだの本(オレンジページ)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

フード・食べ物の最新記事はこちら