ごきげん手帖

ポッコリお腹の原因にも!激増するストレートネックを解消する姿勢とは

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

スマホ、パソコンで記事を読んでいるあなた。今あなたの姿勢は、猫背で首が前に出ていませんか? この状態は首や背中の筋肉に負担がかかり、頸椎の自然な湾曲が失われて、肩こりや頭痛、めまいなどを引き起こすストレートネックになってしまう危険性があります。当然、お顔のたるみや肌トラブルにもつながってしまいます。特に女性は首が細く筋力が弱いため、頭の重さを支えられず、若い女性の半数以上がストレートネックではないかといわれているほどです。

■「木を見て森を見ず」ではダメ!ストレートネックの人の姿勢は?

ストレートネックは、首の問題だけではありません。重力は地球の中心に向かって垂直にはたらいているので、重たい頭を支えるために、首~腰の背骨、骨盤の角度を知らず知らずのうちに悪い姿勢でバランスを取ろうとしてしまいます。

ストレートネックの場合でよく見かける背骨のゆがみ方は、背中の湾曲が後ろに大きくなり(猫背)、前に湾曲しているはずの腰はその湾曲が少なくなり、骨盤は軽く後ろに傾いて前に出た状態です。お尻は下がり、ポッコリお腹にもなってしまっています。

2013.12.24.kaori.tsuchida1

■姿勢のチェックポイント

では、理想的な姿勢はどのような状態でしょうか。横から見た姿勢でチェックしてみましょう。(自分では見れないので、家族やお友達に見てもらいましょう)

2013.12.24.kaori.tsuchida2

①耳たぶ

②首の真ん中(頸椎体)

③肩の一番とがったところ(肩峰)

④太腿の付け根のでっぱり(大腿骨の大転子)

⑤膝の中心よりやや前方

⑥外くるぶしのやや前方

この6点をポイントして(シールなどでマークするとチェックしやすいです)、これを結んだ線が一直線なのが重力を味方につけた理想的な姿勢です。

 

いかがでしたか? これはあくまでも”理想的”な姿勢です。首が前にあったから、肩が前に出ていたから、膝が前に出ていたからといって、悲観的になることではありません。むしろこの理想的な姿勢の人の方が少ないくらいです。ですけれども、自分の姿勢がどうなっていて、どうしたら理想に近づけるのかを知っているだけで日常の意識は変わり、理想に近づくことにもなります。是非チェックをしてみてください。スマホを見続けているあなた、たまに休憩して伸びをしてから、理想的な姿勢を目指して立ってみましょう! 美しい立ち姿とともに、筋肉への負担を減らすことで肩こりも改善、内臓も活性化されて、美肌にまでつながりますよ。

(文:土田香織 イラスト:上田城)

【関連記事】

※ 頭痛や肩こり、ほうれい線・たるみの原因にも!ストレートネックの恐怖

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

ボディケア・ヘアケアの最新記事はこちら