ごきげん手帖

安いのにスゴイ!なんと「あの缶詰」が乾き目ショボンヌに効果的と判明

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

この季節、意外と多いお悩みの一つが”目の乾き”。暖房の効いたオフィスでのパソコン作業で、目がショボショボ……なんてせっかくの美肌も台無しですよね。目のショボショボにお悩みの方へ! 最近話題の「あの缶詰」が目の乾き防止にも役立つんです。いったい何の缶詰なのでしょうか!?

■目が乾くのはなぜ?

私たちの目は、ほこりや細菌などから目を保護し、栄養を補給して角膜や結膜を健康に保つ効果のある“涙のベール”がかかっています。このベールを作っている涙液の量が減ってしまうと、目が乾きショボショボしてしまうのです。涙液の分泌が減る原因は様々ですが、空気の乾燥や、パソコンやスマートフォンを見ている時に無意識に目を見開いている、などの生活要因も大きく関係しています。

 

■目の保護に役立つ栄養素3つ

(1)ビタミンA

「目のビタミン」と呼ばれるビタミンAは、目の見る力を助けるだけでなく、皮膚や粘膜を構成する上皮細胞の生成に関わり、目の網膜や粘膜の健康を保つ働きがあります。

(2)ビタミンB群

タンパク質の代謝に欠かせないビタミンB群。目もタンパク質でできていますから、目の健康を保つにはビタミンB群が欠かせません。特にビタミンB12は、細胞の再生を促し、末梢神経の傷を治す働きがあります。積極的に摂りたい栄養素です。

(3)DHA

血液サラサラでお馴染みのDHA(ドコサヘキサエン酸)。DHAは、目の網膜に含まれる脂肪酸の約40%を占めています。このDHAには、視力の改善に効果を発揮するほか、ドライアイにも効果があることがわかっています。

 

■乾き目には「サバ缶」が効果的!

目を乾燥から守るのにおススメしたいのが”サバ缶”です。サバの水煮缶(100g)には、厚生労働省の推奨量に対してビタミンB12が約500%、DHAが約2,370mgも含まれています! たった一缶で、こんなに沢山摂れてしまうなんて凄いですよね。

 

■サバ缶で潤んだ瞳を作る簡単レシピ3つ

ビタミンB12とDHAたっぷりのサバ水煮缶ですが、残念ながらビタミンAが足りません。ビタミンAが多い食材と合わせれば、潤う瞳を作る最強レシピが出来上がります!

●オレンジとグリーンのビタミンAたっぷりサラダ

<材料>

・サバ水煮缶 1缶

・ニンジン 1/2本

・パセリ 1枝

<作り方>

ニンジンは千切りにしてサバ水煮缶と合わせ5分程度置き、ニンジンがしんなりしたらパセリを混ぜて出来上がり!

 

●サバ缶で簡単トマト煮込み

 <材料>

・サバ水煮缶 1缶

・トマト(大) 1個

・ニンニク 1/2かけ

・バジル 適量

<作り方>

みじん切りにしたニンニクをオリーブオイルで炒め、トマトを加えます。トマトの水気が少なくなったら、サバ水煮缶を加え温め、仕上げにバジルを加えて出来上がり!

 

●さっぱりシソおろし和え

 <材料>

・サバ水煮缶 1缶

・大根 1/6本

・シソ 2枚程度

・ポン酢 適量

<作り方>

シソは千切りにします。サバ水煮缶に大根おろしとシソをのせ、お好みでポン酢をかけて出来上がり!

 

目は第一印象を決める大切なパーツ。オフィスの暖房やパソコン作業は、どうしても避けられないものです。血液をサラサラにして冷え取りにも効果のある一石二鳥のDHAをたっぷり含んだサバ缶を毎日食べて、冷えも目ショボショボも撃退して、潤んだ瞳をキープしたいですね!

 (岩田 麻奈未)

 

【関連記事】

※ 大ブームの缶詰美容で小顔・美肌になる!超簡単サバ缶レシピ3つ

【参考】

家庭でできる!ドライアイの予防と改善-ライオン株式会社

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

フード・食べ物の最新記事はこちら