ごきげん手帖

睡眠40分前に飲んで!あの飲み物で「睡眠美容&冷え解消」になる裏ワザ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

お風呂で温まっても、眠る頃にはすっかり手足が冷えてしまって眠れないってことありますよね。そんな方におススメしたいのが、手足を温め、眠りを誘う魔法の飲み物“抹茶”です。抹茶が眠りを誘う!? 意外ですよね。抹茶を睡眠美容に使う裏技をお伝えします!

■抹茶の成分にリラックス効果が!

抹茶には、お茶の旨み成分『テアニン』というアミノ酸が含まれています。このテアニンは、日陰で育てられた茶葉に多く含まれるため、玉露やかぶせ茶により多く含まれています。とくに茶葉を粉末にした抹茶にはテアニンが多く、番茶の約12倍のテアニンが含まれています。

このテアニンには、気持ちをリラックスさせる効果があります。お茶を飲むとホッとしますよね。これは、なんとなくホッとするわけではなくテアニンの効果によるものです。太陽化学株式会社の研究によれば、テアニンを摂取すると約40分後にα波が出現し脳がリラックスした状態になることがわかっています。これは一時的な効果ではなく、時間の経過とともにα波が増え、リラックスした状態が続きます。

 

睡眠美容に使う裏ワザ!

ですから、ベットに入る40分前に抹茶を飲んでおけば、ベッドに入る頃にはリラックスした状態で眠りにつくことができます。またテアニンには、眠りを誘うだけでなく眠りの質を向上させる効果もあるとのこと! 良質の睡眠は美肌作りに欠かせませんから、ますます魅力的ですね。

 

■抹茶を飲んで冷え撃退!? 

また、テアニンは気持ちをリラックスさせると同時に手足を温める効果があることもわかっています。ストレスがあると、筋肉が緊張して血行が悪くなり手足が冷えてしまいます。テアニンを摂ることで、気持ちがリラックスすると、筋肉が緩んで末梢部の血行が良くなり手足が温かくなります。

子供の頃、眠くなると手足が熱くなりませんでしたか?テアニンは、その状態を作ってくれるのです。

 

■美味しい抹茶の飲み方

抹茶(濃茶)4gに約100mgのテアニンが含まれています。冷え取りや良質の眠りのために抹茶を飲むのであれば、濃茶がおススメです。

<混ぜ方ポイント>

粉末なので、一気にお湯を注ぐと混ざりません。まず大さじ1程度のお湯で溶きペースト状になったら、残りのお湯を注ぎましょう。お点前(おてまえ)のように泡立った抹茶が好きでしたら、ホイッパーで混ぜるだけでも、泡立ちます。

<抹茶+●●で効果UP>

・冷え取り効果UPには

身体を温める効果のある黒糖を加えましょう!

・リラックス重視の方は

良質のタンパク質は、リラックスホルモン「セロトニン」を作るのに欠かせません。また、抹茶はPMSを和らげる効果があるとの報告もありますので、女性ホルモンUPのためにも、豆乳を合わせると良いでしょう。抹茶ラテですね!

 

常に政治のストレスにさらされていた戦国時代の武将たちが、気持ちをリラックスさせ、また集中力を高めるために茶道をたしなんだとも言われています。生きるか死ぬかのストレスを抹茶が解消していたとは……。私たちも冷え取り&安眠をゲットして、美肌で師走を乗り切りましょう!

(岩田 麻奈未)

【関連記事】

 ※ 今すぐやめて!どんどん冷え症がひどくなっちゃう悪習慣4つ

【参考】

※ 成分情報:テアニン – 株式会社わかさ生活

※ リラックスとテアニン – テアニン情報センター

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

ライフスタイルの最新記事はこちら