ごきげん手帖

自信がなくても成功するすっぴん風メイク技テク3つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

イベントが多くなるこの季節。華やかさを演出してくれるのは何と言ってもメイクアップ。でもそのメイクアップの鍵を握るのはベースメイクです。土台がキレイではないといくら上に重ねていても台無しです! 女子の目は言うまでもなく見抜いていますが男性はベースメイクのキレイさを見ているもの。筆者おすすめのベースメイクのポイントをお伝えいたします。

美肌が際立つベースメイクのポイント3つ

■トレンドはすっぴん風メイク

ゴワゴワやカサカサしたお肌ではファンデーションを美しく塗れません。アラを隠そうとして厚塗りになるばかりに加え、厚塗りのファンデーションは崩れるのも早く崩れた時に悲惨! 理想は薄付きなのに透明感のある美しいお肌。モデルの撮影でもスッピンメイクなんて言葉がある通り、素肌感がありながら美しく見える、そんなベースメイクを目指しませんか?

 

すっぴん風メイクに必要なスキンケアは「プレ●●」

そんなベースメイクを目指すにはやはりスキンケアが大切です。特にこの季節にはやはり「保湿」が大事。冬は湿度がぐっと下がりお肌には辛い季節なのです。

色々な保湿用のコスメがあると思いますがおすすめは「プレ化粧品」を使うこと。最近よくみかけるようになりましたよね!? 例えば「プレ化粧水」「ブースター」なんていう場合もありますが、お手持ちの化粧水の前に使うことによってより化粧水の浸透力や効果を高めてくれると言うものですね。こういうものをうまく使いましょう。

それから化粧水や乳液などは手に取ってすぐにお顔に塗布するのでは無く手のひらで少し温めてからお顔に塗ると浸透率が上がることが分かっています。

 

■透明感のある美しいすっぴん風に仕上げるベースメイクテク3つ

(1)日焼け止めは保湿系のものにチェンジ

紫外線は1年中存在します。冬だろうが曇りだろうが降り注いでいるものそれが紫外線。冬は夏の半分の量とは言われているもののUVケアを怠ると美肌作りの妨げになります。そこでしっかりUVケアをしているまでは正しいです! ただし冬場は特に「保湿も出来る」UVケアアイテムを選びましょう。そしてしっかりクレンジングで落とすことも大事です。

(2)下地は複数使い分ける

下地もまた保湿力があるものがおすすめです。そして寒くて血色が悪い時はピンクのコントロールカラー、顔が赤みがかっているときはイエローのコントロールカラー、そして顔がくすんでいる時はブルーのコントロールカラーを使うのがおすすめ。

リキッドのファンデーションなら混ぜて使うなんていう裏ワザも。下地はなるべく薄くムラが無いように丁寧に塗ります。

(3)冬はリキッドかクリームファンデがおすすめ

透明感のある美しい肌を作るファンデーションの塗り方ですが、冬はリキッドやクリームファンデーションがおすすめ。汗をあまりかかないのでよれないですしカバー力もあります。

まずは少量を指に取り薄くお顔に伸ばしていきます。そして更に指先に乗せお肌に叩き込むように入れこみます。段々と透明感が出て立体的な仕上がりになります。更にスポンジで軽く叩いて余分なファンデーションを取り除きます。こうすると薄付きで透明感のあるお肌に仕上がります。仕上げは軽くお粉をブラシで。粉の量が多いと重たい仕上がりになりますので薄くで大丈夫。

 

年末年始は人に会う機会も多いものなのに、肌の疲れも溜まってプレッシャーですよね。そんな時にこの3つのテクを使えば崩れにくくお直し要らずですよ。美肌っぷりをアピールしちゃいましょう。

(岩瀬 玲)

【関連記事】

リーズナブルに最強の組み合わせで美肌をGETする方法

 【参考】

紫外線の影響- 花王株式会社

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

アイテムの最新記事はこちら