ごきげん手帖

食べて効くのは本当だった!風邪予防にはアレのフワフワが良い理由

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

おばあちゃんおじいちゃんに風邪のときには、ネギを食べると良いとか、喉の痛みにはネギが良いと言われたことはありませんか?昔から、風邪に効くと言われているネギですが、単なる言い伝えではありません。ネギは、本当に食べて効く野菜なのです。

20131122iwata173

 

■白い部分がスゴイ

ネギの白い部分には、ビタミンCや葉酸などのビタミン、青い部分にはβカロテンが含まれています。このほか、ツンとした香りが特徴の「硫酸アリル」が含まれています。生のネギは、ツンとした香りがしますが、焼いたネギは甘く香ばしい香りがするのは、ネギに含まれる硫酸アリルの一つ「アイリン」が「アリシン」に変化したために起こる現象です。

関東では、白い部分の多い根深ネギが主流ですが、関西では青い部分の多い九条ネギや葉ネギが多くみられます。冬が旬の野菜で、寒くなるにつれ甘みが増します。

 

■冷えとり&胃腸が弱ったにオススメ!

ネギの白い部分を食べましょう! ネギの白い部分に含まれる硫酸アリルには、血液をサラサラに保つ効果があるだけでなく、血管を広げて血流を促し末梢血管の血流を良くする働きがあります。冷え女子さんに朗報ですね。

また、アリシンには、胃の消化液の分泌を促す効果があります。風邪っぽく食欲のない時、忘年会続きで胃腸が弱っている時にもおススメの野菜です。

 

■青い部分も風邪予防に

青い部分を食べましょう。青い葉の部分には、粘膜を丈夫にする効果のあるβ-カロテンが含まれています。それだけでなく、青い葉の部分の内側にあるフワフワとした白い部分に免疫力を高める効果があります。

農研機構の上田主任研究員の研究によれば、青い葉の内側にある粘液には、マクロファージなどの免疫細胞を活性化し、免疫力を高める働きがあることが分かったそうです。また、この粘液の効果は加熱してもほとんど変らないそうなので、これからの季節、お鍋に入れてたっぷり食べたいですね!

 

■ネギの美味しい食べ方

ネギの白い部分は、加熱するとねっとりと甘くなります。5cm程度に切ってグリルで焼いて食べても美味しいです。

青い部分は、繊維が強く固いため、刻んで食べるのがおススメです。細かく刻んだネギの青い部分は、サラダや麺の薬味に使うと良いでしょう。また、細かく刻んだネギの青い部分とごま油を弱火で熱して、ネギの香りを移したネギ油を作っておけば、日持ちもしますし、何にでも使えて便利です。

 

冷えとりにも風邪の予防にもなるネギ。白い部分も青い部分も、どちらも大切。この冬は、ネギを丸ごと食べて冷え知らず!風邪知らず!で過ごしましょう。

(岩田麻奈未)

 

【関連記事】

冷え女子さんも血行促進!冷え取りがスゴイ●●ショウガを1週間続けると…

【参考】

※ 日経ヘルス 12月号

※ 成分情報 アリシン – 株式会社わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

フード・食べ物の最新記事はこちら