ごきげん手帖

頭痛や肩こり、ほうれい線・たるみの原因にも!ストレートネックの恐怖

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

近年女性の間で急増している「なかなか治らない肩こり」の存在はご存知ですか?なんとも恐ろしい肩こりですが、更に恐ろしいことに頭痛、更にはたるみの原因にもなるのだとか。そんな恐怖の肩こり、ストレートネックについてお話しします。

20131113maeda03

■ストレートネックとは

頭を支える頸椎。頸椎は7つの骨が椎間板をはさんで連なっており、首が自由に動くための働きをします。この頚椎はもともと緩やかなアーチを描いています。このアーチによって頭の重さを分散させて、身体とのバランスを取っているのです。

しかしながら長時間パソコンの前に座るデスクワークや、スマートフォンの覗き込みが原因で前かがみの状態での姿勢が続いてしまうと、頚椎がバランスを取れず頭の重さを支えられない事態に。それにより、本来あるべきはずのアーチが失われてしまうのです。この症状をストレートネックと言います。

 

■ストレートネックによる弊害

ストレートネックになった場合、頸部から肋骨に向かって伸びている斜角筋が極度に緊張した状態になり凝り固まってしまいます。このことで首周りの血流が悪くなり、肩こりや頭痛を引き起こしてしまうことも少なくありません。

特に頭痛とストレートネックの関係は深刻で、成和脳神経内科医院の医師の研究によるとストレートネックの患者1,225人中、頭痛を伴っているのは1,023人と、ストレートネックと頭痛の関係は切っても切れないと言えるでしょう。

特に偏頭痛を訴える患者に至っては155人中ストレートネックの人は146人で、偏頭痛を訴えた人の中でストレートネックでなかったのはわずか9人だったとか。また、首がたるんでしまうことが発端で顎の部分までもがたるみ、二重あごになってしまうおそれも。

 

■ストレートネックを予防するには?

ストレートネックは知らず知らずのうちに猛烈な猫背になってしまっていることが大きな原因です。パソコンやスマートフォンを長時間触っている時、自分の姿勢が猫背になっていないか、また首が斜め前に出てしまっていないか頻繁に意識をするだけで随分改善出来るはず。

また、デスクワークの合間に大きく深呼吸をするように両腕を開き胸と肩甲骨を広げてみたり、両手を上げて腕と身体を後ろに反らせてみるのも効果的。共にリフレッシュ効果もあるから仕事に疲れたと感じたらひと休みを兼ねて行ってみては?

 

治らないと感じていた頭痛や偏頭痛。頭の病気を疑っていたら実はストレートネックだった…ということも少なくないからこそ、姿勢や頸椎のバランスには気をつけたいところですね。

(前田紀至子)

【関連記事】

「パンパン背中」「モリモリ脚」は疲れた●●のせい!? 鍼灸師直伝・ほぐしテク3つ

超簡単!指を「ねじるだけマッサージ」で肩こりを改善する方法

【参考】

あなたの肩こり ストレートネックかも!? – NHKニュース

頭痛とストレートネック(第3報) 成和脳神経内科医院 田草川 良彦

働き女子に急増!「ストレートネック」って? – 日経ウーマンオンライン

長時間のパソコン仕事、ストレートネックにご用心 – 日本経済新聞(2012/2/15朝刊)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

ボディケア・ヘアケアの最新記事はこちら