ごきげん手帖

角栓スッキリなのにモチモチ!毛穴ケアと潤いケアを同時に出来る“ガスール”を活用した「クレイ美容」

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

自然派コスメ好きにはとても親しまれているものの、その少々無骨な見た目から、聞いた事はあるけれど試したことがないという方もいらっしゃるかもしれないスキンケアアイテム、ガスール。ガスールをご存知の方もそうでない方も、元祖ナチュラルスキンケア、ガスールの実力を改めて確認してみましょう。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■ガスールとは

ガスールとは古くからモロッコにおいて石鹸が生まれるずっと前から石鹸やスキンケアのような役割で人々に慣れ親しまれていたクレイ(粘土)です。汚れを吸着させて除去する効果が非常に高く、石鹸やシャンプーの代わりとして使われます。

ケイ素やカルシウムを含む地層から発掘されるのが、このガスール。それゆえにミネラルやマグネシウム、カルシウムを豊富に含んでおり、ヨーロッパのスパでもポピュラーに使われるほど美容成分がとても高いクレイなのです。

 

■ガスールの美肌効果

アラビア語で「洗い浄める」という意味のガスールはモロッコでは数十年前までは貨幣価値を持っていたほど。ガスールの原石が採れる場所は、アトラス山脈のわずかな地域に限られており、それゆえに大変貴重なものであるとされています。

1.7倍の水分を取り込むことが出来るガスールは保湿性が高く、成分も中性に近いため、洗顔やパックなどで使用しても角質や毛穴の汚れを取る去るだけではなく、洗い流した後もしっとりと肌に潤いを与えてくれます。

 

■冬のガスール活用法2つ

(1)ハチミツを加えて

これからの季節のおすすめガスール活用法は、洗顔やパックでガスールを使う際に、潤い成分を加えるテクニック。例えば、ぬるま湯で溶いたガスールに小さじ一杯程度のはちみつを加えると保湿成分が更にアップ。肌のもちもち感に感動を覚えるかもしれません。

(2)ヨーグルトで溶いて

プラスワンアイテムとしてはヨーグルトもおすすめ。ガスールをヨーグルトで溶いて、パックをし、10分間放置すれば、しっとりするだけではなく、毛穴の角栓の洗浄力もぐっと高まります。

 

お肌にも自然にも優しいガスール。この冬はガスールと共にバスルームで美肌に勤しんでみてはいかが?

(前田紀至子)

【参考】

モロッコ美容(ガスールクレイ)- ローズド マラケシュ

過酷な環境に耐える、モロッコの美容メソッドで“与え”、“手放す” – CREA WEB

Ghassoul -Miss Argan

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スキンケアの最新記事はこちら