ごきげん手帖

意外!ニキビ・肌荒れには赤ワインより白ワインが良い

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

内側からの美肌作りに役立つお酒と言えば「赤ワイン」が有名ですよね。フレンチ・パラドクスと言われるほど、健康作りに役立つ赤ワインですが、体質によってはニキビなどの肌荒れの原因となってしまうことはご存じでしたか?肌荒れ解消には、実は「白ワイン」が効果的なのです。 

20130830iwata123

■白ワインに含まれる美肌成分

・有機酸

白ワインには、酒石酸、リンゴ酸、乳酸などの有機酸が含まれています。有機酸は腸内のphを下げる効果があります。腸内が酸性に傾くと、悪玉菌が死んで善玉菌が優位になり腸内環境の改善に役立ちます。

それだけでなく、有機酸はカルシウムの吸収を助けます。カルシウムは、お肌のキメを整えるのに欠かせない成分です。吸収があまり良くないカルシウムですが、白ワインを飲むことでカルシウムの吸収が良くなるなんて、嬉しいですね!

 

・ミネラルバランスが良い

白ワインには、カルシウムとマグネシウムがバランス良く含まれています。カルシウムとマグネシウムは、お互い助け合って血行を保っているため、血行が良くなり冷え取りに繋がります。

また、カリウムも多く含まれるので、むくみの改善にも役立ちます。

 

・殺菌作用

メルシャン酒類技術センターの発表によれば、10万個の大腸菌やサルモネラ菌を10分間白ワインに漬けておくだけで、ほぼ全滅してしまうそうです。これは、白ワインの有機酸とアルコールによる効果で、白ワインは、飲みながらにして悪玉菌を作らないようにする優れものなのです。

 

■ポリフェノールについて

白ワインには、ポリフェノールは入っていないのかというと、そんなことはありません。発酵過程で皮や種を取り除いてしまうため、赤ワインよりは少ないですが白ワインにもポリフェノールは含まれています。

 

■赤ワインのデメリット2つ

(1)鉄の吸収を妨げる

赤ワインは、ポリフェノールが多く美肌にも健康にも良いのは事実なのですが、タンニンが多く含まれているため、貧血の人は要注意です。タンニンは、鉄分の吸収を妨げます。

(2)便秘のリスク

また、タンニンには細胞や血管を収縮させる効果があります。そのため、腸内に入ると腸の粘膜を刺激して引き締めてしまい、便秘になりやすくなります。ですから、便秘がちな方は赤ワインは避けた方が無難です。

 

腸内環境が悪く毒素排出がスムーズでないと、皮膚からも毒素を排出しようとしてニキビや肌荒れの原因となってしまいます。ですから、便秘がちでニキビや肌荒れにお悩みの方には、断然白ワインがオススメです。これからは美肌のために赤ではなく、白も選んでみて下さいね!

(岩田麻奈未) 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

フード・食べ物の最新記事はこちら