ごきげん手帖

美肌は“胃腸の栄養吸収率”が左右する!? 美胃腸にするための方法

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

美肌をつくっているのは「内側からが8割、外側からが2割」と言われているほど、インナービューティは大切。しかし、せっかく食生活を整えていても胃腸のコンディションによっては栄養素が吸収されず、体外に排出されてしまいます。これでは意味がありませんね。そこで本日は、意外と知られていない胃腸の働きを強くする方法をお伝えしたいと思います。

yamamoto20130827

 

■胃腸のコンディションが左右する栄養素の吸収率

胃腸はストレスをダイレクトに受けやすい臓器なので、様々な影響によって消化吸収率が落ちてしまう事があります。一般的に、口にした食べ物ののうち、92〜97%が吸収されると言われていますが、調子が悪いと吸収率がもっと下がってしまう可能性が。

 

栄養の吸収率が下がると困ること

せっかくバランス良く食べていても栄養素として使われないまま排出されてしまうのは勿論のこと、厄介なのは栄養不足と勘違いした脳が必要以上に食べる事を要求することもあり美容にも良くありません。それらは、肌の不調としても顕著に現れてきてしまいます。

 

胃腸でどんな不具合が起きているの?

消化吸収が悪くなる原因には、消化に必要な酵素の異常、胆汁などの消化液の不足、胃酸の過剰分泌などの問題があります。ストレスだけでなく、運動不足や冷えも大きく関係してくるので気をつけて行きたいところ。

 

■胃腸を強くして吸収率をUPするために

・胃

心の問題の影響を受けやすいデリケートな「胃」。吸収率をUPする基本は、胃に負担をかけないよう焦らずゆっくり噛んで食べる事が大切です。

そして、消化に必要な酵素をしっかり補ってあげる事。食物酵素を多く摂ることにより、栄養素の分解・ 吸収が素早く行われ、消化をサポートする機能が格段に上がるので意識して摂取したいところ。食事の際は、野菜や果物、発酵食品などを食べるようにしましょう。

また、体外からも体内からも温める事は必須。下半身を冷やさないために1年中腹巻きやタイツなどで足腰を温めましょう。寝起きに1杯の白湯を飲むだけでも胃の働きが活発になるので試してみましょう。

 

・腸

様々な臓器の後処理を行う「腸」。吸収率をUPするために、食事を何回かに分けて摂る事が好ましいとか。すると、腸に食物が溜まる不快感を軽減することができ、効率的に栄養素を吸収しやすくなるとのこと。

また、肝心なのは腸内環境を整えること。胃の時と同じく、野菜や果物、発酵食品を摂取してあげる事が大切。野菜や果物を沢山食べて食物繊維が多いものを摂取すると腸内がクリーニングされます。また、発酵食品を摂取すると善玉菌が増えるので意識して摂りたいところ。

不調が続く時は、プチ断食をしてデトックスをしてあげると、とても効果が高いので試してみましょう。

 

意外と忘れがちですが、実は全ての基礎となる胃腸のコンディション。しっかり整えて美しい肌を保ちたいですね!

(山本 朱美)

【参考】

・井本邦昭著『内臓を強くする整体法』

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

フード・食べ物の最新記事はこちら