ごきげん手帖

自律神経を整えて美肌になる入浴法

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

ストレス多き現代女性を悩ませる不調の背景にある自律神経の乱れ…。気になっている方も多いはず。そこで本日は、毎日を健康に美しく生きるための自律神経を整える入浴法をお伝えします。

20130626yamamoto

■自律神経とは

全身に張り巡らされた自律神経は、その名の通り、私たちの意思とは関係なく自律的に働く神経の事。例えば、心臓や内臓の血液循環を管理し、呼吸や胃腸の働きを調節してくれたり、熱いと感じた時に汗腺から汗を出して体温を下げてくれるのも自律神経の役目なのです。

また、体を活動的にさせる交感神経と、リラックスさせる副交感神経という相反する2つの作用を持っている事がポイント。これらのバランスが乱れると、抑うつ気分や情緒不安定などの精神的なものから、生理不順・ 便秘・頭痛など身体的な不調まで様々なダメージが。

 

■自律神経を整えると肌が美しくなる理由

体が持つリズムを整える鍵とも言える自律神経。この働きが乱れると、思っている以上に肌の老化を促進してしまうので気をつけていきたいところ。自律神経が整うと、ホルモンバランスも正常に行われ、質の良い睡眠をとる事ができるので、心身の健康だけでなく、美肌効果やアンチエイジング効果も期待できます。

 

■自律神経を整える入浴法

夕食後から寝るまでの3時間は、交感神経をオフにしゆったり眠れる準備をする大切な時間。そこでの入浴の仕方には、自律神経のバランスを整えるための外せないルールがあるとか。

(1)最初のシャワーはぬるめの湯で浴びる

ぬるめのシャワーである程度体を慣らした後に、適温の熱さのシャワーを浴びる。

(2)湯せんのお湯の温度は39~40度

体にとって理想的とされる体温に近い温度で入浴をする。

(3)入浴時間は15分。

最初は5分間首まで浸かり、残りの10分は半身浴をする。


40度以上のお湯だと血圧が急激に上がり神経が興奮状態になってしまうので気をつけましょう。 逆に交感神経が刺激され体全体が緊張してしまうので、リラックスタイムに熱すぎるお風呂はNGですよ!

毎日の入浴法を気をつけるだけで美肌づくりもできますし、心も幸せな気分になれるなんて素敵なことですね。是非今日から実践してみましょう。

 

【参考】

自律神経バランスを整える入浴法 – all about

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

ライフスタイルの最新記事はこちら