ごきげん手帖

暑い季節ほど食べたくなる!? 美肌効果のあるスパイス5つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

カレーやタイ料理、地中海料理など暑い日ほど食べたくなるスパイシーな食事。実はそんなスパイスにはお肌にも嬉しい効果がたっぷり含まれています。今日は美肌効果が高いスパイスを5つご紹介したいと思います。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン

■1:ローリエ

英知や平和の象徴として知られているローリエ、実は私たちの美肌ライフの平和も守ってくれる優秀なスパイス。冷え性を和らげてくれる他、ニキビや肌荒れを防いでくれたり、新陳代謝を高めてくれるのです。

 

■2:ターメリック

ウコンという呼び名でもポピュラーになりつつあるターメリック。あの独特の黄色い色素の招待であるクルクミンはポリフェノールの一種で強力な抗酸化作用があります。二日酔い防止として飲まれることでも分かるようにデトックスの作用も高いので、むくみが気になる時などにもおすすめ。

 

■3:ジンジャー

言わずもがな、冷え防止のスパイスとして知られているジンジャー。生姜のピリっとした辛み成分の招待であるジンゲロールが冷えを防いでくれます。また、ジンゲロールには老化にもストップをかけてくれる効果があるのだとか。使い勝手が良く、自分でも料理に使いやすい最高のスパイスですね。

 

■4:ナツメグ

ナツメグはその芳しい甘い香りからお肉などの臭い消しとして重宝されています。そんなナツメグは意外にも体温を上げてくれる作用があるのです。「36度未満は危険!肌トラブルを招く低体温の恐怖」にもあるように、体温を上げることは私たちの肌にも体にも重要なこと。シナモン&ナツメグクッキーなどをお茶のお供にしても。

 

■5:パプリカ

色とりどりな鮮やかカラーが美しいパプリカ。分類上は唐辛子の仲間なのですが、唐辛子から辛み成分をとったものなので基本的に辛味は感じられません。そんなパプリカはビタミンCが柑橘類よりも多く含まれている他、若返りビタミンと呼ばれるビタミンEや、ビタミンCの効果を支えるビタミンPも含まれています。美白効果と抗酸化効果を併せ持つ最強スパイスと言っても過言ではないでしょう。

 

日焼けや肌疲れが気になる季節だからこそ、スパイスがたっぷり含まれた食事を摂って、美肌をキープしたいものですね。

 

【参考】
スパイスの効用 – スパイス王国
パプリカ – 株式会社わかさ生活

 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

フード・食べ物の最新記事はこちら