ごきげん手帖

楊貴妃も愛した!シミを防いでくれる果物「ライチ」の魅力

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

ライチの季節になりました。甘くみずみずしいライチ。みなさん、お好きなのではないでしょうか?ライチは、世界三大美女の一人である楊貴妃が愛した「美の果物」として有名です。今日は、楊貴妃の美貌に一役買っていたライチをご紹介したいと思います。

 

30130604iwata84

 

■中医学からみたライチ

ライチは、養血類(ようけつるい)と言って、血を養う食品に分類されています。養血類の特徴は、血を養うと同時に、身体を潤わせる効果のあることです。血不足によって起こる顔色の悪さや肌荒れ、目眩や不眠などに効果を発揮すると言われています。

また、ライチは夏の果物にしては珍しく身体を温める効果があります。冷えは美肌の大敵ですから、夏とはいえ避けたいもの。血を養い、潤いを与え、身体を温めるライチが楊貴妃の美の秘訣の一つであったことは、納得ですね!

 

■夏の美肌に欠かせないライチの成分

科学的に見た栄養成分はどうなのでしょうか?ライチには、美肌作りに欠かせない葉酸、ビタミンCやビタミンBが豊富に含まれています。特に葉酸の含有量が高く、キウイの約3倍と言われています。また、カリウムも含まれていますので、むくみの改善にも役立ちます。このほか、ライチに含まれるロイコシアニジン、アントシアニンといったポリフェノールには、シミの原因となるシロチナーゼの働きを抑制する他、強い抗酸化作用があることが判っています。

 

■ライチの選び方と保存方法

最近では国産のライチも見かけるようになりましたが、殆どが輸入品です。ライチを選ぶ時は、できるだけ皮の色が鮮やでハリのあるものを選びましょう。皮の色が茶色くなっているものは、鮮度が落ちている証拠です。ライチは、痛みが早いので、買ってきたらできるだけ早く食べましょう。風味は落ちますが、冷凍保存も可能です。

 

紫外線が強いだけでもお肌にストレスがかかる上、冷房や汗などで更にお肌にストレスがかかるこれからの季節、ぜひ食べたい果物ですね!ライチの旬は短く、あっと言う間に過ぎてしまいます。見かけたら即Getして、美肌作りに役立てましょう!

 

【参考】

わかさの秘密 ライチ

 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

フード・食べ物の最新記事はこちら