ごきげん手帖

飲みすぎてまぶたがパンパン!30分以内でむくみを簡単にスッキリさせる方法

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

お酒を飲みすぎたり食べ過ぎたり。そんな翌日にまぶたがパンパンでピンチ!どうしよう…と困ってこのページに辿りついた方もいるのでは?お酒や水分の摂りすぎでむくんだ、そんな時に使用できるお手軽ティーバッグパックをご紹介しましょう。

teabag

 

■ティーバックがおすすめな理由

■1: 冷やす事で血管が収縮して血流が良くなる

心臓のポンプの作用で血流が起こりますが、心臓よりも遠い部分や細かい血管末端などはその効果が届きにくく、むくむなどの症状が出やすいのです。そんな時には冷やすだけでも十分効果はありますが、それでもむくみが取れない場合は冷やした後にホットタオルや蒸したタオルで温めたりという、「冷やす、温める」を繰り返して血管を収縮される事を意識しましょう。

 

■2: カフェインの働きで肌が引き締まる

カフェインが含まれているお茶であれば、カフェインのもつ収斂(しゅうれん)効果、保湿効果の作用を期待して使用できます。

 

■3:適度な重さで組織に出た水分を血管へ

流行りの着圧ソックスなどと同じような理論です。圧を加える事で余分な水分を血管の中にきちんと押し戻してくれる作用があります。最近では少し重く更にひんやりアイマスクなども販売されていますね。数分間目にティーバックを乗せるだけで同じような作用が期待できます。

 

■4:香りでリラックス

紅茶にはアロマ効果があります。毎日違ったフレーバーを楽しみながら香りもチェンジできますね。お好きな香りの紅茶を飲み、そのティーバックでパックをすれば癒されてストレス解消にも一役買ってくれますね。

 

■簡単!まぶたティーバッグパック3ステップ

ティーバックで簡単浮腫み取りパック術

(1)飲み終わったティーバックを2袋準備。約15分間冷蔵庫で冷やします。

(2)約10分ほどまぶたの上にのせます。

(3)洗い流します。

以上です!

 

普段捨てていたティーバッグもちょっと考えれば素敵な美容アイテムに早変わりですね。身体の中から温まり、更に外からむくみの解消にも使えるお茶、今日から是非いろんな味と香りで全身癒されてみましょう。

【参考】

からだカルテ – タニタ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スキンケアの最新記事はこちら