ごきげん手帖

隠れ乾燥多し!夏のドロドロ肌の裏に砂漠化現象あり

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

夏は高温多湿で皮脂の分泌量が増え、ベタつきやテカリなどの症状が起こりやすくなるため、肌が潤っていると思い込みがちです。しかし、夏だから乾燥しないというのは大間違い!実は夏という過酷な状況下で肌は乾燥しやすいのです。汗ばむ、ベタつく、でも乾燥する…今日はそんな少しやっかいな夏の乾燥肌とその対策法についてお話します。

 m010179

 

■夏肌が乾燥する原因3つ

(1)紫外線による肌ダメージ

紫外線を浴びると角質層のNMF(天然保湿因子)という細胞内の水分を保つための成分が減少し、水分の保持量が低下するため乾燥します。紫外線が肌細胞を傷つけることで肌のバリア機能が落ちたり、ターンオーバーを乱したりもします。

また、潤った肌はその表面で紫外線を拡散し角質層の水分やNMFが肌の奥まで紫外線が届くのを防ぎますが、乾燥した肌にはその力がなく、より紫外線の影響を受けやすくなるという悪循環が生まれます。

(2)冷房の使用による空気の乾燥

オフィスや電車など、夏はどこにいっても冷房がかかっています。屋外と冷房の効いた部屋での肌の水分量を比較すると、冷房の効いた部屋ではなんと肌の水分量は約半分にまで減ってしまいます。また冷房で肌が冷え、血行が悪くなることがゴワつきなどの原因にもなります。

(3)汗の蒸発やタオルの摩擦による乾燥

汗は蒸発するときにお肌のうるおいも一緒に奪ってしまいます。また、汗を拭くときにタオルでこするとその摩擦で角質が傷つき乾燥の原因になることがあります。汗をかいたら放置せずに、タオルで抑えるように優しく拭き取りましょう。

 

■夏の肌を乾燥させないためのケア方法2つ

1:化粧水の重ね使いでしっかり保湿

乾燥もテカリもゴワツキも、肌のさまざまなトラブルは肌の乾燥が原因になっていることが多いのです。そんな乾燥した肌にいちばん必要なのは“水分とうるおい”を与えること。つまり化粧水が肝となります。

保湿というとついクリームやオイルなどに頼ってしまいがちですが、それはあくまで潤いを逃さないためのアイテム。ベタつきやテカりが気になる夏肌を潤わせるためには化粧水の使い方を見直すことがポイントになります。

(1)収れん化粧水をプラス!

オススメのスキンケアは“化粧水の重ね使い”です。いつもの化粧水にプラスして自分の肌にあった化粧水をダブル使いします。皮脂の分泌が多くテカりやすい人は収れん化粧水をプラス。「正しい収れん化粧水使いでテカリのない美肌づくり!」も参考にしてみて。

(2)拭き取り化粧水をプラス!

ごわつきが気になる人は拭き取り化粧水で角質ケアをすると次に使う化粧水の浸透力がアップ!

(3)ブースターをプラス!

夏でも乾燥が気になる人は化粧水の浸透率をあげる導入アイテムをプラスしてみてください。

肌をしっかり潤わせたら、乳液やクリームは軽いもので大丈夫です。こういったケアであればベタつきも気にならず、しっかりと化粧水を肌の内部まで浸透させられます。

 

2:外出先では保湿力が高いミスト化粧水で応急保湿

朝晩しっかり保湿するのはもちろん、日中の紫外線や冷房によるダメージからも肌を守らなければいけません。そんな時に便利なのがミスト化粧水。メイクの上から使用するミスト化粧水は保湿力が高く、メイクの上からOKというものを選んでください。

保湿力の効果の低いものは、化粧水が蒸発するのと一緒に肌の水分を奪ってしまうのでよけいに乾燥してしまいます。伸ばしたりハンドプレスをするとメイクが崩れしまうので、ミストを吹きかけたらしばらくそのままで放置します。化粧水でも乾燥が気になる場合は乳液や保湿ジェルを使用しましょう。

 

意外と乾燥している夏の肌。夏にどれだけ美肌を保てるかで、秋冬の肌状態も変わってきます。夏でもしっかり保湿して、紫外線や冷房に負けない肌を作りましょう!

 

【参考】
真夏の肌の守り方。要はやっぱり化粧水にあり! – X BRAND
メイクの上からできるオフィスの感想対策 – シティリビング

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スキンケアの最新記事はこちら