ごきげん手帖

彼氏・夫へのストレスは他のストレスより肌荒れしやすいことが判明!

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

ストレスは現代社会で生きる私たちにとって切っても切り離せないもの。会社での対人関係や疲労などのストレスもありますが、自分が愛しているパートナーとの関係にストレスを抱えている人も多いのではないでしょうか。ストレスは肌荒れの原因になるだけでなく、身体にさまざまな悪影響を及ぼします。今日はカップル・夫婦間のストレスについて、またそのストレス発散法についてお話しします。

PPS_kuro-ba-nouenokoibito500-thumb-750x500-454

■ストレスが肌荒れにつながる理由とは

どうしてできる?!ストレスニキビのなぜ」でも紹介されていますが、ストレスが原因で肌荒れを起こすことがあります。人間関係による精神的ストレスや過労、睡眠不足など、人はストレスを感じるとストレスから身を守るためにコルチゾールというホルモンを分泌します。コルチゾールはストレスホルモンと呼ばれ、ストレスによって増加し、身体にさまざまな影響を与えます。

コルチゾールが増えると男性ホルモンが分泌され、皮脂の分泌が過剰になるのでニキビが出来やすくなったり、免疫機能が低下するため、肌のバリア機能が落ちたり、アレルギーを悪化させたりします。

また、ストレスで腸の働きが悪くなことが原因で肌荒れが起きてしまったりもするので(「美肌のために腸内改善!腸年齢をチェックしよう」)、ストレスは美肌の大敵なのです。

 

■カップル間で発生したストレスへの反応と他のストレス反応は違うらしい!

ストレスにもさまざまな種類がありますが、最近、カップル・夫婦間で発生するストレスは免疫機能を低下させるという研究結果が米医学誌『Psychological Science』2013年3月号で発表されました。相手に対して不安や懸念を抱くことを「愛着不安」といい、この愛着不安が強いカップルや夫婦はストレスレベルが高く、免疫に重要な役割を果たすT細胞の数が少ないそうです。

また、愛着不安が強い人では弱い人に比べて、コルチゾールの濃度が平均11%高いということも分かりました。コルチゾールには免疫を抑えてT細胞の産生を阻害する作用があるからです。免疫機能の低下は体調不良や肌荒れの原因となり、それがまた精神的なストレスになるという悪循環に陥ります。

 

では、ストレスホルモンを減少させるにはどうしたらいいのでしょうか。

 

■ストレスホルモンを減少させる方法3つ

(1)カカオポリフェノールが含まれている食品を摂る

カカオポリフェノールには、ストレスによって増加する「コルチゾール」というストレスホルモンの分泌を抑えてくれる働きがあります。また、気持ちをリラックスさせる効果もあるのでストレスを減らすのにとても効果的な飲み物です。カカオポリフェノールはココアやビターチョコレートに多く含まれています。

(2)運動をしてエンドルフィンを分泌させて幸福感を!

運動をすると、コルチゾールを燃焼することが出来ます。また、運動をすることで脳下垂体からエンドルフィンが放出されます。エンドルフィンは、幸せを感じる効果を持つ脳内伝達物質です。運動の中でも特にヨガがオススメです。ヨガによる深い呼吸は副交感神経の活性化によりストレスを軽減し、コルチゾール値を正常に戻す働きがあると言われています。

(3)よい睡眠をとる

CDC(米国厚生省疾病対策予防センター)によると、睡眠には、健康を増してストレスを減らす効果があるのだそう。また疲労がストレスの原因になっている場合、睡眠をとり疲労回復すればその分ストレスも軽減されます。

 

いかがでしたか?愛し合っている者同士でもうまくいかないときはあります。ストレスを抱えたまま付き合っていくのはお互いによくないので、まずはストレスを上手に発散し、パートナーともうまく付き合っていきましょう。幸せ感をコントロールして、お肌もキレイになりましょう!

 

【参考】
「愛着不安」強い夫婦で免疫機能低下―米研究 – あなたの健康百科

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

ライフスタイルの最新記事はこちら