ごきげん手帖

王道すぎるけど圧倒的!美肌を叶えるミラクルフード

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

身近な食材ながら意外と摂れていない食材、卵。そんな卵が実は美肌・美髪になれて、さらにダイエットやアンチエイジングにも効くミラクルフードであることをご存知でしたか?今日は身近なスーパー食材、卵の魅力についてお話します。

PPS_cyakassyokunotamago500-thumb-750x500-482

驚くべき美容パワーは良質なタンパク質にあった

体内で働くタンパク質は5万種類以上ありますが、元を正せばわずか20種類のアミノ酸が組み合わさってできています。アミノ酸のうち体内で合成できないものは9種類。それが必須アミノ酸といわれ、全9種類がバランスよく揃っていないと体内でタンパク質に合成されず役に立ちません。卵にはその必須アミノ酸がバランスよく含まれているので、良質なタンパク質元といわれるのです。

また、成人女性が一日に摂りたいタンパク質は50gといわれていて、卵一個(60g)にはタンパク質が約6.3g含まれているので、一日に必要なタンパク質の約13%を摂取することができます。これが卵が完全食といわれる所以なのです!

 

卵のもつ美容効果4つ

(1)美肌を作る

タンパク質は肌を作り、肌ダメージを回復させる効果があります。また、卵には美肌を作るビオチンや女性ホルモンの材料になるコレステロールも豊富に含まれているので美肌効果が期待できます。

 

(2)美髪を作る

髪の約95%はタンパク質で構成されています。タンパク質は熱やパーマ材で変化しやすく傷みやすいので、健康で美しい髪は育てていくことが大切です。美しい髪を育てるために髪の主成分であるタンパク質は欠かせないものなのです。

 

(3)憧れのやせ体質を作る

タンパク質は筋肉を作るのに欠かせないものです。タンパク質不足になると筋力が落ち、代謝が落ちてしまうため、脂肪を燃焼しにくい体になってしまいます。食べ痩せを実現するには良質なタンパク質を摂り筋肉を付けて代謝をあげることが大切です。卵はその良質なタンパク質を持っているため、食べ痩せを実現することが出来るのです。

 

(4)アンチエイジングに効果的

身体はタンパク質の塊です。いつまでも健康で若くいるためには、身体を作る良質なタンパク質をきちんと摂取することが大切です。卵は鉄や亜鉛などのミネラルも豊富なので、貧血予防や冷えの改善にも役立ちますし、細胞づくりの種になる葉酸も含まれているので、アンチエイジングにはぴったりの食材なのです。

 

美肌になるための効果的な食べ方

卵のパワーをもっとも効果的に摂りいれるには、卵を夜ご飯に食べて睡眠時間をたっぷりとること。22時から2時には成長ホルモンが分泌され、肌の再生活動が盛んに行われます。そこで摂取したタンパク質が美肌や美髪を作ってくれるのです。卵と一緒に良質なタンパク質と脂肪を併せ持つ魚、タップリの野菜でビタミンCと食物繊維も摂るとさらにいいですよ!

ただ、生卵の白身に含まれる糖タンパク質「アビジン」が美肌のビタミンのビオチンと結合してしまい体内での吸収を阻害してしまうという落とし穴があります。ビオチン欠乏症になるのは”大量に長期間食べ続けた場合”と言われていますが、念のため食べ過ぎには注意しましょう。

 

身近で、料理のレパートリーも豊富な卵にこんな素敵なパワーがあるなんて嬉しいですね!さっそく毎日の食事に摂りいれてみてくださいね。

【関連記事】
知られざる美肌の立役者!ビオチンって肌にどういう効果があるの?

【参考】
高コレステロールでも卵は安心! –  All About

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

フード・食べ物の最新記事はこちら