ごきげん手帖

美肌になりたければ、すぐ整理して!意外と知らない化粧品の消費期限

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

化粧品やスキンケア用品、ちゃんと捨てられていますか?「いつかまた使うかもしれない」「まだたくさん残っているからもったいない」「来年また使おう」などといって、昔の化粧品やスキンケア用品を引っ張り出して使っている人、要注意です。化粧品やスキンケア用品にも消費期限があります。

化粧品は簡単に表皮ブドウ球菌や、黄色ブドウ球菌を繁殖させてしまうのです。消費期限が過ぎた古いコスメを使うと、繁殖した細菌が毛穴に入って炎症や発疹を引き起こす可能性も…!? 今日は意外と知られていない化粧品の消費期限に迫ります!

MS251_kosumeviewr500-thumb-750x500-2718

 

コスメに消費期限が表示されていないのはなぜ?

化粧品やスキンケア用品の多くには消費期限が記載されていません。その理由は薬事法にあります。薬事法の第61条で「製造又は輸入後適切な保存条件のもとで3年以内に性状及び品質が変化するおそれのある化粧品」には消費期限を記載するよう義務付けられています。つまり表示がないということは未開封であれば3年間は品質保証がされているということです。

未開封化粧品の消費期限の目安とは?

未開封コスメの消費期限は3年が目安。しかし未開封の場合であっても、成分によっては分離や沈下してしまう場合もあり、また完全密閉できているように見えて酸化が進むことや保存状態で品質が変化することもありえるので、購入後できるだけ早い段階で使いましょう。

 

では開封したあとのコスメはどれくらいもつのでしょうか?目安になる期間は以下の通りです。

アイテム別!開封後の消費期限3パターン

(1)スキンケア用品・ベースメイク用品は1シーズンで使い切るのがベスト

化粧品の内容量は大抵1~2カ月分ですので1シーズン~半年以内で使うのが理想的です。空気に触れる部分が多いほど酸化の可能性が高くなるので、開封後のコスメはとにかくきっちり蓋をして酸化や品質の変化を防ぎ、指定された保存方法を守ることが品質保持のポイントです。下地やリキッドファンデーションなど、水分がベースになっているものは殺菌も繁殖しやすいので、スキンケア用品と同じく1シーズン~半年が消費期限の目安です。

 

(2)アイシャドウや口紅などの化粧品は1年半~2年が目安、ただしマスカラは2~3ヶ月

スキンケア用品と比べるとコスメの消費期限は長く、1年半~2年で使い切るのがベスト。ただしアイシャドウチップなどはこまめに洗い、雑菌が繁殖しないようにしましょう。

マスカラは他のコスメと違い消費期限が短いので要注意。マスカラブラシをチューブに出し入れすることで、バクテリアがマスカラ液に入りやすく、雑菌がわきやすいのだとか。雑菌のついたマスカラを使用すると、目の充血やかゆみ、結膜炎やものもらいなどの原因にもなってしまうので、マスカラは2~3ヶ月で使いきるのがベストです。

 

(3)これからの必須アイテム、日焼け止めは1シーズンから半年

日焼け止めもスキンケア用品と同様、1シーズン~半年で使い切るのが理想的です。もし去年の夏に使っていたものを使用する場合は酸化している可能性もあるので、パッチテストを行ってから使用してください。去年のものは顔には使わずボディ専用にするなど、肌が敏感な部分の使用は避けましょう。

 

もったいない…という気持ちはわかりますが、古くて怪しいなと思うコスメは思い切ってえいっと捨て、開封したものは消費期限を守って良い品質の状態で使い切るようにしましょう!

(ごきげん手帖編集部)

【参考】
有効期限と保管について – カネボウHP 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

アイテムの最新記事はこちら