ごきげん手帖

朝イチ果物は気をつけて!シミのリスクが高まる成分

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

朝から酵素やビタミンCをたっぷり摂ると良いというのはご存じの方は多いと思います。しかし、思わぬ盲点が!実は柑橘系の果物に含まれる、ある物質には注意が必要だったのです。

なんと紫外線の感受性を高めるので外出する前に食べるのは要注意です。今日は、そんな落とし穴と改善策をご紹介しましょう。

■盲点の正体:「ソラレン」とは

光によって活性化する物質で、紫外線への感受性を高めるのでシミの原因になってしまいます。

 

■ソラレンを含む食物

特に柑橘系のフルーツに多く含まれているのです。レモン、オレンジ、イチジクなどのフルーツの他、パセリ、クロレラにも含まれます。外出前にレモンパックをしたところお肌にダメージがおこるというのも有名なお話です。なんとキュウリにもソラレンは含まれます。海外ではよくキュウリパックなどが流行していますが、タイミングよってはシミを招くので注意が必要です。

 

■ソラレンを含む食物を摂取するのにオススメの時間は?

光、紫外線と反応してしまうので柑橘系フルーツを摂るなら断然、日が落ちてからの夜に召し上がるのがオススメです。またアロマの精油の中にも光毒性でシミになる可能性を持つものもあるので注意が必要です。ベルガモット、グレープフルーツ、レモン、アンジェリカルート、ビターオレンジなどのものボディクリームなどは洗い流してから外出しましょう。

 

■朝ビタミンCをたっぷりとるための代替メニュー

朝、酵素やビタミンをチャージするならお野菜からの摂取がオススメです。ソラレンの比較的少ない野菜はレタス、ダイコン、トマト、カボチャなどです。野菜サラダとして是非摂り入れてみましょう。ダイコンでは、皮の部分にソラレンが多く含まれるので皮は薄くむいて召し上がるのもポイントです。

朝イチ果物は気をつけて!ソラレンが紫外線に反応しちゃう

フルーツや野菜と聞くと健康に良いイメージしかありませんが、実は美肌にネックとなる毒性を兼ね備えている場合もあるのです。しっかり理解して日々の美活に摂り入れていきましょう。

【参考】
健康・栄養フォーラム – 独立行政法人国立健康・栄養研究所

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

フード・食べ物の最新記事はこちら