ごきげん手帖

腫れぼったさの原因は?目のむくみを解消する4つの方法

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

朝起きたら目が腫れぼったくむくんでいて、一日のはじまりが憂鬱になってしまった……という経験、1度や2度だけではないと思います。

その腫れぼったいまぶたの原因は、前日の行動や日常の生活習慣のほか、アレルギーなどの可能性も。

むくんだまぶたではせっかくの美肌も台無しですよね。

そこで今回は、腫れぼったいまぶたの解消法や原因、予防策についてお伝えしたいと思います。

目のむくみ解消ワザ4つ

(1)炭酸水で冷やす! 

朝起きてまぶたが腫れぼったくむくんでいる場合は、まず冷やしてみましょう。冷たいタオルを目元にあてたり、コットンを冷水で濡らしてアイマスクにしてみたりしてください。

この時、ただの冷水ではなく、冷たい炭酸水でのパックが特におすすめです。

(2)ツボ押しで目まわりの血流促進

目元の血流をよくすることでむくみが解消されるため、ツボ押しは効果的です。

(1)眉頭の内側にくぼみがあります。そこに親指を軽くあてて優しく上に向かって3秒ほどプッシュして3回繰り返してください。

眉頭のツボ

その時に爪があたらないように気をつけてくださいね。

(2)目頭の下のくぼみに中指を軽くあてて同じように3秒ほどプッシュしてそれを3回繰り返してください。

目頭のツボ

(3)実は保湿も効果的

まぶたの周りは、顔のパーツでも皮膚が薄い部分です。刺激にも敏感で、血流が滞ると腫れぼったくなったりクマができたりします。

まずは、化粧水でしっかりとうるおいを与え、目元専用のクリームなどで保湿してください。
この時、軽く目の周りをマッサージすると更に目の周りの血流がよくなります。

(4)ティーバッグを冷やして

トラディショナルな方法ではありますが、使い終わったティーバッグを「冷やして」目に使用することで目のむくみを解消することができます。というのは、『Journal of Applied Pharmaceutical Science』に「まぶたのむくみにはカフェイン入りジェルより冷やす方が効果があった」という研究結果が掲載されています。

紅茶や緑茶のディーバッグでもよいですが、おすすめはカモミール。炎症を抑え、鎮静作用があるので筆者は大変役に立ちました。ぜひ試してみてください。

目がむくんだ朝に効果的な食べ物

フルーツを持つ女性

まぶたがむくんだ、腫れぼったい朝は、カリウムを多く含む食べ物を摂るのがおすすめです。

カリウムは細胞内に多く存在し、生命を維持するうえで欠かせないミネラルの一種で、細胞の浸透圧を維持・調整し、体内の水分調整を行います。

また、ナトリウムと関わりが深く、塩分の摂り過ぎによって体に溜まった余分な水分を体の外に排出してくれる働きがあるので、まぶたのむくみに効果的です。

海藻類に多く含まれるカリウムですが、主にこんな食べ物に多く含まれています。

海藻・・・ひじき、昆布、わかめ、のりなど

果物・・・バナナ、キウイ、メロン、アボカド、干し柿など

野菜・・・ほうれんそう、小松菜、かぼちゃ、ブロッコリー、枝豆など

いも類・・・じゃがいも、さつまいも

そのほか、豆味噌、切り干し大根、きなこなどにも多く含まれています。

野菜全般にも多く含まれているのですが、熱や水に弱いため、生野菜で食べると効率よく摂取できます。加熱調理する場合は、水に流れてもそのまま汁ごといただける、みそ汁やスープにするのがおすすめです。

外食やインスタント食品などを食べる機会が多い人は、塩分の摂り過ぎになっていることがあり、カリウムを積極的に摂る必要があります。

また、カリウムは加工の段階で失われやすいミネラルなので、加工食品を頻繁に利用する人は、摂取量が少ない可能性もあります。

目のむくみの原因

むくんだ目元をスッキリさせることも大切ですが、そもそもなぜ目がむくんでしまうのでしょうか。考えられる原因として

・前日の行動

・日常の生活習慣

・その他の眼病やアレルギーなど

以上の3つのことが考えられます。具体的な原因をご紹介します。

前日の行動によるもの

眠っている女性

睡眠不足or寝過ぎ

睡眠不足は代謝が落ち、老廃物や水分を体に溜め込んで、外に排出しきれないため、むくみの原因になってしまいます。

反対に、普段よりも長く寝過ぎたときは、体が動かない状態が長いため、循環が悪くなって顔がむくみやすくなります。

うつぶせで寝た

朝起きたらうつぶせで寝ていた、普段は仰向けで寝ているけど、うつぶせで寝てしまっていたときも、むくんだ経験がある人が多いと思います。

うつぶせで寝ることで顔にリンパや血液の流れが停滞し、まぶたに余分な水分が溜まってしまうことが考えられます。

うつぶせ寝が眠りやすいという人もいるかもしれませんが、顔がむくむだけでなく、体が歪んだり、バストが潰れたりしやすいので、仰向けで眠るように気をつけましょう。

アルコールの飲み過ぎ

アルコールには利尿作用があり、体の中の水分が外に出され脱水状態となることで喉が渇き、必要以上に水分を摂り過ぎることで、むくみやすくなってしまいます。

また、血管内の水分が間質に漏れ出すこともむくみの原因に。

お酒を飲む際のおつまみも味付けの濃いものが多く、これもむくみの原因のひとつといえます。

前日に泣いた

涙を流すと、涙腺の周りの血管に血流が集まるため、目の周りに水分が多い状態になります。そのまま寝てしまうことで、朝起きると目元がむくんだ状態になってしまいます。

生活習慣によるもの

デジタル疲労に悩む女性

塩分の摂り過ぎ

外食や味付けの濃い食事を摂ったなど、前日の夜に塩分を摂り過ぎた場合、翌朝の顔がむくむ原因になります。

塩分は浸透圧の働きによって細胞の間に水分を溜め込んでしまうため、体に余分な水分が溜まってむくんだ状態に。皮膚の薄いまぶたは特にむくみがわかりやすく表れやすい部位といえます。

普段から外食が多い人、味付けの濃い食事が好きな人は、塩分を摂り過ぎていないか気をつけましょう。

枕が低い

低い枕や枕を使わずに寝ると、頭の上の部分に血流が上ってしまうため、顔やまぶたがむくみやすくなってしまいます。

枕は高すぎると首のシワの原因にもなりますし、ジャストな高さの枕で眠るようにしたいですね。

枕にバスタオルを足して高さを調整したり、ちょうどよいものが見つからなければタオルをたたんで重ねたもので代用してみたりしてはいかがでしょう。

目のこすりすぎ

まぶたの裏にはたくさんの毛細血管があり、こすってしまうことで血管が傷ついて、まぶたが腫れる原因になります。

普段から目をこする癖がある人は気をつけましょう。

また、メイクを落とす際も、目元をゴシゴシこすって落とすのは禁物です。目元専用のアイメイクリムーバーで優しくメイクを浮かせるように、丁寧にオフしましょう。

まぶたが腫れて目元がむくむだけでなく、こすり癖は色素沈着の元にもなります。

運動不足、冷えによるもの

デスクワークが長く、運動をする習慣がないなど、同じ体勢でいる時間が長い人は血液やリンパの流れが滞りやすくなり、体に余分な老廃物や水分が排出されずに停滞することで、むくみやすくなっています。

また、冷え症体質の人や、クーラーにあたる時間が長くて体が冷えている時なども血流が悪くなり、体がむくみやすい状態に。

意識的に階段を使うように心がけたり、体を冷やさない工夫をして入浴でじっくり温める習慣を持ったりするなど、むくみにくくなるように心がけてみましょう。

その他の眼病やアレルギーなど

前日の行動や生活習慣以外にも、目がむくんでしまう原因があります。

化粧品かぶれ

まぶたの皮膚は薄いため、トラブルが起きやすい場所。肌に合わない化粧品でかぶれ、赤みが出たり、ヒリヒリして腫れたりしてしまうことがあります。

生理中は肌が敏感になる時期なので、新しい化粧品を使い始めるのを避けたり、酸化していつ開封したかわからないコスメは使わないようにしたりしましょう。

また、メイクブラシやチップなど、メイク用品も清潔に保つように定期的に洗ったり、買い換えたりしましょう。

アレルギー

アレルゲンになるものに触れた手で目を触ると、アレルギー性の炎症を起こしてまぶたや目が腫れてしまうことがあります。

眼病

ウイルスや細菌の感染、皮脂の過剰分泌、アレルギー反応によるもののほか、結膜炎や涙嚢炎、ものもらいなど、眼病によって目がはれてむくんでいるように感じることもあります。

目やまぶたの腫れだけでなく、痛みや涙の増加、目やに、かゆみ、ただれ、まつ毛の抜け毛など、気になる症状があったらすぐに眼科を受診しましょう。

むくみたくない日の前日の予防ケア

お風呂に入っている女性

楽しみにしていたデートだったり、大切なプレゼンを控えていたり、「明日は絶対にむくみたくない!」っていう日、ありますよね。そんなむくみたくない日の前日は、こんなことをしてむくみを予防してみてはいかがでしょう。

湯船でじっくり温まる

むくみは血流やリンパの流れが悪くなって、体に余分な水分が溜まるために起こるもの。血流を促進するために、湯船で浸かってじっくり体を温めましょう。

ぬるめのお湯に15分ほど浸かり、湯船の中でストレッチやマッサージをするとより効果的。足裏をもみほぐすと末端から血流がUPし、脚のむくみにも効果的。

就寝前に今日のむくみがとれるように心がけると、翌朝むくまず、スッキリ起きられそうです。

首・顔のマッサージ

入浴中はもちろん、お風呂上りのスキンケアと一緒に、お顔のマッサージを取り入れるのもおすすめです。明日むくまないための、目元のむくみ対策のマッサージをご紹介します。

(1)鎖骨リンパをほぐす

鎖骨リンパ節

鎖骨の上に指をあて、気持ちいいと感じる強さで3カ所ずつ押しましょう。詰まりを感じる場所があったら、少し時間をかけて押し揉むようにほぐしましょう。

顔のリンパや老廃物は、首を通って運ばれます。中継点である鎖骨のリンパ節の詰まりを先にとっておきましょう。

(2)耳を引っ張って左右に回す

耳回し

顔のリンパ節として、耳周辺のリンパ節も重要です。簡単にほぐせる方法をご紹介します。

耳の上・横・下の3点を気持ち良いと感じるところまでひっぱります。

次に、耳をつまんで耳の根元から動くように、ゆっくり大きく左右に5回ずつ回しましょう。

(3)頭皮マッサージ

頭皮マッサージ

頭皮の血行が良くなると、顔全体の血行UPにも効果的です。指の腹を使って、頭全体を揉みほぐしましょう。

(4)おでこの引き上げ

おでこの引き上げ

乳液やクリームをつける際、ついでにおすすめしたいのがおでこの引き上げです。目元に近いおでこを柔らかくし、目元の血流をUPさせましょう。

眉毛側からおでこに向かって、やさしくなで上げます。眉間の間は特に念入りに行いましょう。

(5)眉毛つまみ

眉毛つまみ

眉頭から眉尻に向かって、親指と人差し指で眉毛をつまんでいきましょう。

(6)目のツボ押し

目元にあるツボをいくつかご紹介します。

目のツボ

攅竹(さんちく)・・・眉頭のすぐ下のくぼみにあるツボで、触ると少し凹んでいるところにあります。目の周りのむくみの改善、疲れ目に有効です。

晴明(せいめい)・・・目頭の横にあるくぼみにあるツボで、こちらも触ると少し凹んでいて見つけやすいと思います。目の周りのむくみの改善、疲れ目に有効です。

四白(しはく)・・・目の真下にあるくぼみから、指1本分ほど下にあります。顔のたるみやむくみの改善、目の下のクマ、疲れ目に有効です。

(7)首流し

首流し

顔を横に向けたときに出る、太い斜めの筋に沿って、耳から鎖骨へ流します。 強くなくてよいので、顔の老廃物を流し込むつもりでゆっくり優しく流しましょう。 最後は耳の後ろから鎖骨に向かって、流しましょう。

目のむくみ予防のコツ

飲み会後のむくみを解消する3分マッサージ

毎朝目のむくみに悩まされている……という人は、日々の生活習慣が原因なのかもしれません。考えらえる原因を取り除き、その上で、目のむくみを予防する習慣を身に着けていきましょう。目のむくみ予防には、こんなことが挙げられます。

食生活

塩分の多い食事、味付けの濃い食事は体がむくむ原因となり、顔や目元のむくみの原因にもなります。

塩分量に気を付け、なるべく加工されていない食品を選ぶほか、出汁を上手に使うと減塩対策になります。

そのほか、先にご紹介したナトリウムを排出してくれるカリウムを食事に取り入れたり、利尿作用のあるお茶を飲むようにしたりするのもおすすめです。その際、温かいものか常温を選ぶようにすると、胃腸を冷やさず、むくみ対策により効果的です。

運動で代謝UP

運動不足は筋肉が使われないことで筋ポンプ作用が働かず、重力で老廃物や余分な水分などは下半身へ集まりやすくなってしまいます。巡りが悪く、流れが滞った状態なので、更にむくみが溜まりやすい状態に。

全身の巡りを良くすることは、顔や目元のむくみ予防にも繋がります。

仕事が忙しくて改めて運動をする時間の余裕はない、という人も、駅のホームは階段を使うようにする、歯磨きの間はかかとの上げ下げをするなど、日常生活の中でできることから取り入れてみましょう。

スキンケア

まぶたの皮膚はとても薄くデリケート。目元のケアは、専用のアイクリームを使ってしっかり保湿を行いましょう。たっぷりと化粧水で潤し、アイクリームでケアしましょう。

こすり過ぎは腫れて目がむくんで見える元。目元はこすらずに優しくケアするのもポイントのひとつです。

フェイスマッサージ

1日パソコンと格闘した日は、顔の疲れもどっと出てしまいますよね。真顔で黙々と作業をしていた日は、お顔の血行も悪い状態です。フェイスマッサージで血行を促進し、むくみをとって、目元もスッキリさせましょう。

基本的に顔の中心から外側に流し、最後は耳下腺リンパ節から鎖骨のリンパ節に流して終わればOK。スキンケアにも取り入れてみてくださいね。

温冷パック

まぶたのむくみだけでなく、眼精疲労にもおススメなのが温冷パック。

温タオルと冷タオルを交互に目元に充てることで、まぶたの毛細血管が収縮・拡張し、血流が良くなります。

温タオルは軽く絞ったタオルを電子レンジで40~1分温めるか、熱めのお湯を張ったボウルで濡らして絞り、冷たいタオルは冷たい水で絞るか、氷水を張ったボウルで濡らして作ります。夏場はアロマオイルを浸した水で絞ったタオルを、冷蔵庫に常備しておくのもおススメです。

作ったタオルを30秒ずつ交互に目元にあてて、2~3セット行いましょう。

エクササイズ

目元のエクササイズをして眼輪筋を刺激し、血行を促してまぶたのむくみをとりましょう。

目をぎゅーっとつぶって2~3秒閉じ、目を大きく見開くのを3セット繰り返しましょう。

おでこに手のひらをあて、まぶたを使って上目にし、10秒キープします。この際、おでこに手をあてるのは、おでこの筋肉を使って上を向かないようにするためと、おでこのシワ予防をかねています。

目をぐるっと左右に回したりして、目の周りの血行を促進させましょう。


いかがでしたか? 朝起きたらまぶたが腫れていた……ということも、原因と予防策を知れば回避できそうですね。

目の周りの血行を良くすると腫れぼったさがスッキリするだけでなく、目元が明るくなって顔色を良くみせてくれるので、美肌効果にも繋がりそうです。是非参考にしてくださいね。

この記事の監修者プロフィール

紅華堂主宰・エステ講師・坂本 雅代

大手エステティックサロン店長を経て独立起業。エステティシャン歴は16年となり、これまでに男女延べ1万人以上を施術。現在は施術の他、エステ講師、美容ライターとして活動中。

【保有資格】

国際中医薬膳師/中医薬膳師/JREC認定リフレクソロジスト/骨気小顔管理士/ファセテラピー

    【あわせて読みたい】
    ▽むくみ解消ケアをもっと見る
    ヤンキー座りでほっそり脚に!? お手軽むくみ解消エクササイズ
    目元のむくみすっきり!メイク前の30秒マッサージ
    エステのプロが教える!むくみを解消する3つの方法
    朝3分!飲み会翌日のむくみ顔リセットマッサージ

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    足首が太くなる!?ズルズル歩きにぺたんこ靴…NG習慣5つ
    猫背でポッコリお腹に!?今すぐやめたい「NG姿勢」5つ
    ぽっこりお腹を解消!寝たまま「お腹痩せヨガポーズ」
    たったの3分!すっきり痩せ見えが叶う「二の腕エクサ」

    【参考】
    [archive]今日から使えるカリウムの正しい知識と手軽な摂り方 – FRONTEOヘルスケア

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    スキンケアの最新記事はこちら