ごきげん手帖

話題の動ガール・佐々木あさひさんに学ぶ保湿術“ラップ美容”

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

これまでにごきげん手帖でもラップを使用した美肌対策としていくつか紹介してきましたが、どうやら美しい人ほどラップを活用しているよう。唇を始めとして他のパーツにも使えるというラップ美容について、「動ガール」として日本はもちろん海外でも話題の佐々木あさひさんが日本すっぴん協会のすっぴん美人の美容術で明らかにした内容を中心にご紹介します。

 


■肌荒れを防ぐために大切なこと

You Tubeで一日に何パターンものメイクや表情をする事もあるからか、目の周りや皮膚が薄い部分は荒れることもありました。それ以来、特に保湿に気を使っています。


■化粧水はたっぷりと

保湿のためにも化粧水はたっぷりと。自然なローズの香りに包まれるジュリークのローズウォーターを愛用。5プッシュぐらいたっぷり使って保湿します。

 

■保湿の救世主はラップ

もちもちのお肌の秘訣は?と聞かれるとすかさず挙げるのはラップの存在。唇にリップクリームを塗ってそのまま寝ちゃいます。夏は寝苦しいので動くと取れちゃいますが、冬は縮こまって寝ることもあって、あまり取れないというか苦しくないというか。それに、鼻呼吸の鼻息で更に潤っているかな、なんて。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン

■佐々木あさひさん流ラップパック

ここで佐々木あさひさんがYouTubeのメイク動画を撮る前や、撮影前に必ずするというスペシャルラップ保湿をご紹介。

1.ラップをコットンぐらいの大きさに切る

2.化粧水、乳液、クリームを塗った後、ラップを頬に乗せる

3.5分以上置く

4.ラップがはがれたら完了

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■筆者オススメ!ラップを活用した美容法3つ

佐々木あさひさんに感化されて筆者もラップ美容について調べてみました。ラップを活用すればあらゆる悩みが解消出来るようです。ラップ美容を使ったテクニックを集めてみました。

(1)シミを薄くしたい場合

美白美容液を塗った上からラップを乗せてしっかり密着させます。美白成分がしっかりと染みこんで、シミが薄くなるとか。

(2)湯船×ラップでうるうるもっちり肌を手に入れる

化粧水をぬった後、ラップを顔に貼り、湯船に浸かります。スチーム効果も相まって、化粧水の浸透も抜群に!

 

(3)シワを目立たなくするには

化粧水や乳液、クリームに美容液などのスキンケアの最後にパックをするようにラップで顔を覆います。パーツ毎にラップを分けて、シワを引き上げるように密着させるとシワの改善が期待出来ます。

 

いかがでしたでしょうか?佐々木あさひさんも力を入れているというラップ美容。上手に使って気軽に綺麗になりたいものですね。佐々木あさひさんのすっぴん写真や、すっぴん美人たちの美容法をもっと知りたくなっちゃった方は、日本すっぴん協会の「すっぴん美人の美容術」も参考にしてみてくださいね!

【参考】
動ガールはすっぴんも輝く! もち肌保湿美人!-佐々木あさひ | 日本すっぴん協会

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

インタビューの最新記事はこちら