ごきげん手帖

絶対に止めて!ニキビ洗顔のタブー3つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

この時期はお肌も敏感でニキビや肌荒れで悩んでいる方も多いのではないでしょうか?これまでにもニキビに関する色々なケアをご紹介してきました。今回は絶対に止めて欲しいニキビ洗顔のタブー3つをご紹介します!

8670cc58e1b03d5f3cf324f2b9ce2776[1]  

■ニキビとは?

毛穴の中の皮脂腺から分泌された皮脂の量が多いと、放出が間に合わなくなります。また、表皮の角質層が厚く、硬くなっていると、毛穴が塞がり毛穴の中に詰まります。皮脂が毛穴内の毛包というところに溜まってしまうと、アクネ菌のエネルギーとなり、アクネ菌が繁殖します。ひどくなると化膿してしまいます。

 

■1.頻繁に洗顔をするのはNG

ニキビが出来ている時は、お肌のコンディションが悪い時です。特に赤ニキビに発展している場合は炎症も伴っているので、乾燥や刺激は避けたいものです。清潔にすることは大切ですが、洗顔のし過ぎは、必要な油分まで奪い、返ってお肌を乾燥させ、バリア機能を弱めてしまいます。さらに、乾燥をケアしようとお肌が皮脂をどんどん出すので、逆にオイリー肌になりその結果ニキビが出来やすくなります。

 

■2.ピーリングやスクラブはNG

洗顔時のスクラブやピーリングは、お肌の古く溜まった角質を取り除き、毛穴の詰まりも解消してくれます。最近では近所のバラエティーショップなどでも簡単に手に入ります。しかし注意を払ってやらないと肌を痛め、結果ニキビを悪化させたりします。スクラブで直接ニキビを刺激するのは、悪化を招くので控えましょう。あくまでニキビの予防としてセルフケアに使用する事をおすすめます。

実際に出来てしまったニキビをケアする為にピーリングやスクラブをする場合には、セルフケアで行うよりも、皮膚科の先生に相談をしながら行うことをおすすめします。

 

■3.天然オリーブ石鹸を使うのはNG

敏感肌や乾燥肌の方はオリーブ石鹸を使用すると良いと言われています。「料理だけじゃない!オリーブオイルがクレンジングに良い理由」でもご紹介したように、オリーブオイルには保湿や抗酸化作用もあるので、これはおすすめです。

しかし、ニキビ肌の方は注意が必要です。オリーブに含まれるオレイン酸が、アクネ菌を育ててしまう場合もあるのです。乾燥は防げてもニキビには逆効果なのです。天然だから、植物だからお肌に良いというわけではないので、しっかり知識をつけて石鹸を選びたいものです。

 

いかがでしたか?本気でニキビをケアしたい方は、この3つのポイントをしっかり意識してみて下さい。ニキビのひどい時は、お医者さんに相談し、いつものお手入れも少し我慢し、ゆっくりとお肌を休ませてあげましょう。

【関連記事】

1つは絶対やってる!? どんどん肌がヤバくなる「勘違い洗顔」4つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スキンケアの最新記事はこちら