ごきげん手帖

美肌もダイエットも!お悩み別ハーブティの選び方

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

みなさん、ハーブティはお好きですか?「美肌を目指すなら外せない!奇跡の紅茶ルイボスティー」でもご紹介しましたし、美肌意識の高いごきげん手帖の読者の方でしたら、美肌やダイエットのために毎日ハーブティを飲んでいる方もいらっしゃるかも知れませんね。今日は、毎日ハーブティを飲んでいらっしゃる方にも、ハーブティに興味はあるけど、どれを飲んだら良いのかわからない…という方にも楽しんでいただける、お悩み別のオススメのハーブの選び方をご紹介したいと思います。

 

■ベースのハーブティの選び方

ハーブティは単体でも効果がありますが、ブレンドすることで相乗効果が得られます。ベースになるお茶は、ハーブティに限らずにお悩み別に選びましょう。

1.冷えが気になる方(身体を温める効果のあるお茶)

プーアール茶 紅茶 ウーロン茶

2.ダイエットが気になる方(代謝を良くするお茶 消化を助けるお茶)

杜仲茶 桑の葉茶 どくだみ茶

3.お肌の調子が気になる方(気の巡りを良くするお茶 ビタミン・ミネラルが豊富なお茶)

ルイボスティ ハトムギ茶 ジャスミン茶

 

■+αのハーブティ

ベースのハーブティが決まったら、次は+αの効果が得られるハーブティを選びます。

1.冷えが気になる方(身体を温める効果のあるハーブ)

生姜 桂皮(シナモン) 紅花(サフラワー) 当帰(アンジェリカ) カモミール ローズマリー タイム ダンデライオン マロウ りんご

2.ダイエットが気になる方(代謝を良くするハーブ 消化を助けるハーブ)

セージ ペパーミント フェンネル ラズベリー グレープフルーツ 陳皮 菊花 ネトル レモングラス リンデン

3.お肌の調子が気になる方(気の巡りを良くするハーブ ビタミン・ミネラルが豊富なハーブ)

ローズヒップ ローズぺタル ハイビスカス ラベンダー ラズベリーリーフ マリーゴールド ヒース(エリカ)ネトル ダンデライオン オレンジ キンカン

 

■ハーブティの作り方と飲むタイミング

ベースの茶葉に、お悩み別のハーブを混ぜたら、熱湯を注ぎ蓋をして3~5分蒸らします。生のハーブや果物を入れる際には、飲む直前に入れましょう。

1日3杯位が目安です。朝は香りの良いハーブで目覚めを良くし、活動する日中は代謝を良くするハーブ、夜は快適な睡眠のために気の巡りを良くするハーブを選ぶことがオススメです!

 

いかがでしたか?ご紹介したドライハーブだけでなく、フレッシュハーブや果物も使って、お気に入りのブレンドを見つけて、美味しく美肌を手に入れましょう!

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

フード・食べ物の最新記事はこちら