ごきげん手帖

肌のたるみをストップ!栄養豊富なしらすの活用法

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

3月の週末の予定はもう立ちましたか?3月11日から鎌倉でしらす漁が解禁されるそうなので、鎌倉に行ってぷるぷるの生しらすを食べるのも良いですよね。しらすには栄養豊富な印象を漠然とみなさまお持ちだと思いますが、女性のハリのあるお肌に欠かせないある成分を豊富に含んでいるのです。今日はしらすが持つ美肌成分のお話をいたします。

エラスチンと美肌の関係

肌のコラーゲンを支えるエラスチンというたんぱく質、覚えていますか?以前「美肌を目指す人がチェックすべき魔法の成分「エラスチン」とは」でもご紹介しましたが、エラスチンはコイルのようにコラーゲンに絡みついてしっかり支えてくれている存在。肌に弾力を与える成分として、コラーゲンとともに肌のハリを維持してくれているんです。

お肌や血管のエラスチンは20代をピークに加齢とともに減っていき、お肌のコラーゲンを支えることができなくなってしまうため、シワやたるみの原因になると言われています。

肌のたるみをストップ!美肌栄養が豊富なしらすの活用法

 

エラスチン以外にも美肌栄養がたっぷり!

(1)メチオニン

エラスチンのほかに注目なのが、肌の細胞を作るたんぱく質に「ケラチン」というものがあります。ケラチンはシスチンやメチオニンなどのアミノ酸から作られていますが、しらすにはこのメチオニンもたっぷり入っています。メチオニンはケラチンとして肌の成分になるだけでなく、肝臓でのデトックスや代謝の促進にも効果があり、肝臓を守るアミノ酸といわれています。メチオニンは人間の体内では作ることができないため、食事から積極的に摂りたい栄養です。

(2)カルシウム

そして、しらすといえばカルシウムですね。肌の角質細胞にはバリア機能があり、この機能によって肌の潤いが保持されていますが、カルシウムが不足してしまうとこの機能が衰えてしまうとも言われています。しらす100g中には530mgのカルシウムが含まれています。

肌のたるみをストップ!美肌栄養が豊富なしらすの活用法

 

活用法もとっても簡単なしらす。しらすはイワシや他の魚とは違い、買ってきてそのまま食べられる手軽さが良いですね。オムレツや卵焼きに混ぜたり、炊き込みご飯、酢の物…と、いつもの料理に混ぜるだけですから。お肌のたるみ予防のためにも、ぜひ毎日の献立に取り入れてみてくださいね。

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

フード・食べ物の最新記事はこちら