ごきげん手帖

美肌を目指すなら外せない!奇跡の紅茶「ルイボスティー」

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

アトピー性皮膚炎や花粉症に効果のある健康茶として注目を浴びているルイボスティーという紅茶があります。

意外と知られていませんが、実は美肌のための成分もたくさん入っています。ヨーロッパではハーブティの一つとして美容と健康のために古くから飲まれていました。最近は輸入食材のお店でも手軽に手に入るようになったルイボスティーについて、今回は詳しくご紹介していきます。

アンチエイジングの強い味方!ルイボスティーの驚きの成分とは

 

■ルイボスティーの抗酸化作用

私たちの身体の中で増えてしまうと老化を早めるといわれる活性酸素。それを撃退してくれる抗酸化作用のある成分、「SOD(スーパーオキシドジスムターゼ)」がルイボスティーには豊富に含まれています。この成分が免疫力を高め、花粉症などのアレルギー反応を抑え、さらに肌の老化を防いでくれるのです。仕事や勉強の合間のお茶でアンチエイジングできるなんて、とっても簡単でいいですよね!

 

 ■ケルセチン

ルイボスティーには「ケルセチン」をはじめ、美肌に効果的なフラボノイドを数種類含んでいます。ケルセチンはお肌に重要なビタミンCの吸収を助けるという嬉しい作用があります。さらに、脂肪の燃焼を促進する効果もあり、ダイエットにも向いています。さらに、美肌作りには欠かせない整腸作用まで!

お茶を飲むだけでこれだけの効果があるのですから、昔から健康茶として愛されてきたのも納得ですね。

 

 ■優れたミネラルバランス

ルイボスティーの原産国は南アフリカ。ここは世界有数の鉱物産出国で、ルイボスティーの育つ土壌には天然のミネラル成分がたっぷり含まれているのです。鉄、亜鉛、カルシウム、ナトリウム、マグネシウムなど、美肌作りには欠かせないミネラルばかりです。これらが、人の体内のミネラルバランスと非常に近いバランスで含まれているため、身体に負担なく摂り入れることができるのです。

 

いかがでしたか?知れば知るほど、ルイボスティーって魅力的ですよね。さらに”ノンカフェイン”なので、寝る前の水分補給にもマッチする胃腸に優しいお茶です。是非ティータイムにとりいれてみてくださいね!「「今さら」じゃない!アボカドの美肌パワーを一挙解明」もあわせてチェックしてみてください。

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

フード・食べ物の最新記事はこちら