ごきげん手帖

今日から実践!日本酒と美肌の関係

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

これまでに「デトックスにダイエット!まだまだあった、甘麹の魅力」などでもご紹介してきた麹ですが、麹で仕込んだ日本酒にもたくさんの成分が含まれており、美容と健康に良いと言われているそうです。

今回は関東で唯一名誉賞を受賞した蔵、土田酒造の銘酒「譽國光(ほまれこっこう)」にて、麹のプロ・土田さんに日本酒の秘密をインタビューしてきました。今さら聞けない日本酒と美容の関係についてもご紹介します!

今日から実践!日本酒と美肌の関係

(1)本来お酒がお肌に良い理由は?

お酒がお肌に良い理由ってなぜなのだろう?と思い、土田さんに伺ったところ「お酒は、化粧品上では米発酵エキスと表示されていますが、これは保湿効果をうたって良いほど、保湿に優れています。またお酒には、肌が黒くなる原因のメラニン色素の原因となるチロシナーゼを抑制する効果があると言われています。こういったことから、お客様の声としては、シミや潤いが整えられたというお声は頂きます。」とのことです。

また、「肌が少し白くなった、という方もいらっしゃいます。チロシナーゼと肌の具合に合うのだと思います。また、ポフェノールの一種であるフェルラ酸』には強力な抗酸化作用があり、シワやたるみ、くすみなどの色素沈着を抑制する効果があります。通常の化粧品では薬品を入れて抑えるところを、天然の酒で抑えられるところに価値があります。」と目を輝かせながら語っておられました。

今日から実践!日本酒と美肌の関係

「日本酒を使用したスキンケアアイテムを目にしたことがある人も多いはずですが、実は日本酒に含まれる米ぬか・酒粕には、美肌効果がたっぷりなのです。実はフェルラ酸以外にもアミノ酸やビタミン、ミネラルを豊富に含んでいるんです。特にアミノ酸は、角質層で保湿成分として働きます。このアミノ酸が、日本酒にはワインのなんと10倍以上も含まれているというから驚きです。美容目的にワインを楽しむ人も多いですが、実は日本酒の美容効果も抜群なんです。」とのこと。

今日から実践!日本酒と美肌の関係

 (2)日本酒コスメが作られるようになった現代。

土田さんによると、「江戸時代、日本酒を化粧水代わりに付けてシミが対策をしていた人がいた、また化粧水がない時代はお酒を肌に塗る女性がいるという文献があるほどです。」とのことで、意外にもお酒と美肌の歴史は古いようですね。

「こういった話しを聞いたきっかけに、お酒のパワーに着目した企業が研究を重ねお酒のコスメが開発されているのです。ここ土田酒造でも、肌にお悩みの方にお話をしたところ実際試されて、お肌が改善された方いらっしゃいました。肌で悩んでいる方にお手伝いできるのでは、と思ったのがきっかけで、他の成分を可能な限り抑えて、お酒をめいっぱい入れられる化粧品を作ろうと思い、その無茶な要望に応えて頂く化粧品会社さんを探しました。」とのことです。


(3)失敗しないお酒コスメの選び方

土田さんによると、お酒コスメを選ぶ際には、次のようなことに注意が必要とのことです!「お酒の力を感じて頂きたいので、できれば他の成分が少ないもので試して欲しいです。多くの製品は、値段を抑え効果を疑似体験できるように、お酒ではない余分な成分が多く入っていますので注意が必要です。ヒアルロン酸やグリセリンなどが入っていれば効力はありますが、それでは薬品の力であってお酒の力が薄まっているからです。」

「特に、女性は化粧水をつけた時にとろみがあるほうが保湿を感じると答える方が多いのですが、実はサラサラした化粧水を使用し、表面が例えサラサラであっても、肌の角質層の水分量をチェックすると、そちらの方が肌に浸透している場合も多いのです。ですから、お酒本来の力を感じたければ、成分表示を確認して米発酵エキスが多く入っているもの、つまり最初の方に記載があるも、余分な成分の入っていないものを購入しましょう!」と簡単に選べるポイントを教えて下さいました。

今日から実践!日本酒と美肌の関係


(4)お酒を○○して飲むと美容に良い、お風呂に入れているなどのプロがやっているテクニックがあれば教えてください。

「お風呂にお酒を入れるのは、女優さんもやっているほど効果があります。肌にも良いですが、とにかく暖まります。あと、においが気にならなければ酒粕を溶かしてパックにするのも良いです。一番良いのは、ほんの少しで良いのでお酒を飲んで頂くことです。」とのことです。

「お酒は体を冷やす効果が多いのです(ワイン・ビール・ウィスキーなど)温かく感じるのはアルコールにより一瞬だけ温かくなっただけで、結果的には体を冷やします。日本酒は、お酒では唯一というくらい、体を温める効果があります。血行が良くなり、暖かさが持続します。冷え性の方にも良いのです!」

「日本酒には、血管を広げるアセトアルデヒドと、血管の収縮を妨害するアデノシンという成分が、他のアルコールに比べ多く入っています。これが体の血管を広げ、血流をアップしているんですね!血行が良くなれば、冷えやむくみの改善に繋がります。」とのことです。

 

日本酒のパワーいかがでしたか?今日から、お化粧品としてはもちろん、美容のためのほんの少しのお酒習慣始めてみませんか?身体を芯から温めて、白く透き通って潤いのあるお肌に導きましょう!

 

インタビュー協力:
創業明治四十年 関東唯一名誉賞受賞蔵
酒蔵 譽國光 土田酒造株式会社

 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

アイテムの最新記事はこちら