ごきげん手帖

飲み会の翌日も美肌でいられるお酒とおつまみの選び方

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

「お酒を飲んだ翌日はお肌の調子イマイチ。やっぱりアルコールはお肌に良くないのかな?」と思われている方が多いのではないでしょうか。アルコールは、決してお肌に悪い事はないのです。適量であれば血行を促進し、気分もリラックスさせて、美肌に貢献してくれるのですよ!

それだけでなく、お酒の種類によっては美肌に有効な成分も沢山含まれています。では、なぜお酒を飲んだ翌日にはお肌の調子が悪くなるのでしょうか?

それは、お酒の種類やお酒と一緒に食べるおつまみ選びに原因があります。今日は、美肌で翌朝を迎えられるお酒とおつまみの選び方をご紹介したいと思います。

 

美肌にオススメなお酒

(1)シミ・シワを減らしたいなら、赤ワイン

アンチエイジング効果が高いことで有名なポリフェノールが多く含まれていますね!赤ワインには、ブドウの皮に含まれる何種類ものポリフェノールが入っています。ポリフェノールは、シミ・シワの原因となる活性酸素を取り除いてくれます。

(2)プルプル肌を目指したいなら、日本酒

日本酒に含まれる米ぬかや酒粕には、アミノ酸やビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。また、日本酒の旨み成分αGG(アルファジージー)には、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促進させる保湿作用があります。

(3)ターンオーバーのサイクルを見直したいなら、焼酎

焼酎には血液中の血栓を溶かすプラスミンを増やす作用があります。つまり、血液をサラサラにしてくれるのです。血液がサラサラになって血行が良くなることで、お肌にも十分な栄養がいきわたりターンオーバーのサイクルも正常化されます!

 

■美肌にオススメなおつまみ

おつまみと言うと、フレンチフライやポテトチップスなど脂っこいものや塩辛いものを、ついつい選んでしまいがちですよね。ただ、皮脂の分泌を増やしてニキビを作ってしまったり、むくみに繋がったりと、美肌づくりのためには適さないので、我慢しましょう。

ナッツを食べて血行促進!新陳代謝アップのお手軽メニューでもご紹介したナッツ類やチーズ、枝豆やお豆腐、冷やしトマトや鶏のササミの塩焼きなども良いでしょう。できるだけ調味料を加えていない、素材の味を楽しむおつまみがオススメです。

豆腐類や鶏のササミは脂が少ないのに高タンパクで、肝機能を活性化させてくれます。また野菜スティックやゴボウはよく噛む必要があり食べ過ぎを防いでくれます!この他にも鍋物やお吸い物など水分の多い料理は、尿とともにアルコールを排出するのをサポートしてくれます。

いかがでしたか?メニュー選びにちょっと気を配るだけで翌朝も美肌でいられるなんて嬉しいですよね!ただし、飲み過ぎ、食べ過ぎはもちろん厳禁ですよ!美味しいおつまみと、美味しいお酒を適量味わう。そんなお酒の楽しみ方をしてみてはいかがでしょうか?

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

フード・食べ物の最新記事はこちら