ごきげん手帖

今が旬!「大根」の意外と知らない美肌パワーまとめ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

街角で誰かと待ち合わせをしつつ、寒さに手を合わせ「ホッ」と息を吹きかける色白な女性・・・可愛らしいですよね。そんな色白美人にあなたもなれちゃう食品って何だと思いますか?

実は、こちらも色白な「大根」なんです。しかも大根は今が旬!というわけで今回は「大根」のもつ美肌パワーや購入の際のポイントをまとめてご紹介していきます。

旬のあの食材で美白が手に入る

大根がなぜ美白や美肌に結びつくかというと、以下の成分が豊富に含まれているからなんです。

 

■お馴染みの消化酵素!アミラーゼ

内臓が疲れると、基礎代謝が低下しその結果として新陳代謝が悪くなったりと負の連鎖が起こり出すのです。膵臓や唾液腺から分泌される消化酵素としてもお馴染みのアミラーゼですから、大根は自然の消化剤と言われるほど胃腸の働きを助けてくれる食品なのです。年末年始の飲み会などで疲れた胃腸も癒してくれますよ。

内臓までしっかりケアしてこそ美肌力は総合的に向上します。アミラーゼの力で新陳代謝を良くし、お肌の元気も取り戻しましょう。

 

■コラーゲンの生成を助ける!ビタミンC

ビタミンC はお肌のハリを保つコラーゲンの生成を助ける働きや、メラニン色素の生成を抑える働きがあり美肌には欠かせない成分ですが、大根にはこれが豊富に含まれています。大根の皮の付近に多く含まれているので、大根の皮と人参を使ったキンピラなどがおすすめです。

 

■一石二鳥の機能!リグニン

ワインなどに含まれるポリフェノールと野菜などに多い食物繊維の機能を兼ね備えた成分で、老化の原因となる肌の酸化(サビつき)を還元してくれたり、有害物質や老廃物を排出してくれる機能があります。肌のサビつき対策については、知らないと損!? 今さら聞けない美肌の救世主「酵素」とは、でもご紹介しています。

以上3つご紹介しました。日本人の食卓にはありふれている大根が、美肌を目指す私たちにとって魅力的なパワーをこんなにも秘めていたとは驚きですよね。さっそく食べたくなってきましたでしょうか?それでは購入する際のポイントをお伝えします!

 

こんな大根が新鮮で栄養豊富!

(1)葉が多く青いもの
(2)根っこの白い部分に艶があるもの
(3)根っこに重みのあるもの
(4)葉が切られている商品は切り口を見て空洞がないものを

皮がくすんだりしているものは鮮度が落ちている証拠なので注意してチェックしてみてください。では購入できたところで、どうやって食べると効果的なのか続けてご紹介します。

 

美味しい食べ方・保存の仕方

大根は部位によって甘さや水分量が違うということがポイントです。おすすめは、

・葉や皮は、炒め物に
・白い根の上部は、サラダに
・中間の部分は煮物に
・先の部分は、漬物や味噌汁の具に

など部位によって調理法・用途を使い分けることです。

大根はサイズが大きいために一度に使い切れないことも多いので、保存する際のポイントもしっかりおさえておきたいですね。

・葉は茹でてから保存
・根はポリ袋に入れたりラップで包む
・長く保存する場合は、濡れた新聞紙に包んでからポリ袋などに入れる
・保存場所は冷蔵庫がオススメ

 

いかがでしたでしょうか?なかなか知られていない大根と美肌の意外な関係についてお伝えしました。美味しく食べられる旬の今のうちに、扱い方をしっかりマスターしておきたいですね。美肌との相性がこんなにも良い大根の秘めた力をもう一度見直して、ぷるぷる美肌目指しましょう!

 

【美肌におすすめな食材シリーズ】

※ 恋して美肌!恋愛ホルモンを摂れる意外な食材とは

※ たった2枚の葉で!飲み過ぎ胸やけも肌荒れも退治する方法

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

フード・食べ物の最新記事はこちら