日本すっぴん協会

2018AWファンデーション|協会運営チームメンバーのいちおしをご紹介!

2018/10/27

コラムニスト : 日本すっぴん協会編集部

先日、日本すっぴん協会の読者の方々をお招きして、「2018AW新作ファンデーションお試し会」を開催しました!


こちらのイベントでご用意させていただいたのは、全7ブランドのファンデーション。


私たち日本すっぴん協会運営チームのメンバーも実際に使ってみたところ、
それぞれがお気に入りのファンデーションを見つけることができましたよ。


そこで今回は、運営チーム3名のいちおしファンデーションをご紹介いたします!


運営チーム ササキのいちおし



コフレドール ヌーディカバー モイスチャーパクトUV


秋冬に気になる「乾燥」や「かさつき」といった肌悩みに対応すべくつくられたパウダーファンデーション。
アミノ酸でコーティングされたアミノエッセンスパウダーが採用されているので、
乾燥した肌にもしっとりとフィットし、うるおい感のある肌に仕上げてくれます。


わたしが使ってみて一番おどろいたのは、ツヤがでること。
ハイライトなどをいれずとも、頬の高いところにキラっと光がはいります。
厚塗り感も一切なく、素肌のような自然な仕上がりもお気に入りのポイントです。
メイク崩れもしにくく、長時間いい状態のお肌でいられますよ。


「パウダーファンデーションは、ここまで進化したのか!」と、おどろかされた逸品でした。


運営チーム アキマルのいちおし



IPSA リテクスチャリング ファウンデイション


肌の凹凸による影が、フェイストーンを暗く見せてしまっていることに着目してつくられたリキッド状のファンデーション。
薄い膜で肌の凹凸を覆うことで、この“影”を光でカバーし、透明感のある肌を演出してくれます。


実際に手にだしてみると、とった瞬間にみずみずしく軽やかな質感であることを実感!
そして肌に広げると、少量でも伸びが非常によく、スーっと薄く色づいていきます。
ぬり終えたあとのベタつきも感じません。


こうした軽いテクスチャで薄膜をつくることは、毛穴カバーにも効果的なんだとか。
ナチュラルな仕上がりなのに、肌の色ムラはしっかり整えてくれるところはさすがだなと感じます。
軽やかさがやみつきになるファンデーションですよ。



運営チーム タチバナのいちおし



シュウウエムラ ザ・ライトバルブ フルイド


自然なツヤ感、カバー力、軽やかなつけ心地といった、
ベースメイクに求める矛盾しがちなニーズに対応したリキッドファンデーション。


アジア人女性の肌の色調に合わせた13色の豊富なカラーバリエーションは、
シュウウエムラ独自の「明度発想」の研究によってつくられたそうです。
自分の肌の明るさにあったものを選べば、イエローベース・ピンクベースどちらの色でも肌になじむので、
なりたいイメージの肌を演出することができるのだとか。


もちろん、すごいのは色だけではありません!
少量でも十分にカバーできるうえ厚塗り感のない仕上がりは、肌をしっかりつくりこみたいときにぴったり。
ベースメイクにこだわる人にもきっとご納得いただける、実力派ファンデーションです。



いかがでしたか?
2018AW新作ファンデーションには、このほかにもおすすめしたい優秀アイテムがたくさんあります。


皆さんのお気に入りのファンデーションもきっと見つかるはず。
気になったファンデーションがあったら、ぜひお店へ足を運んで試してみてくださいね!

日本すっぴん協会編集部さんの関連記事

新着記事

もっと見る

新着コラム

もっと見る