日本すっぴん協会

素肌との“融合感”でナチュラル発光肌に!コスメデコルテの新作ファンデ

2018/08/17

コラムニスト : 橘めぐみ

こんばんは。
日本すっぴん協会編集部の橘です。


まだまだ暑さが厳しいですが、化粧品業界では秋冬の新作コスメが続々と発売される時期となりました。


そこで本日は、今私が気になっている新作のベースメークアイテムをご紹介します。


軽やかに肌になじんで、肌色を美しく見せるファンデーション

(写真左から)「コスメデコルテ コンプリート フラット プライマー」「コスメデコルテ ザ リキッドファンデーション」「コスメデコルテ ザ パウダーファンデーション」


こちらは、「コスメデコルテ」から2018年8月21日に発売される、3種類の新しいベースメークアイテムです。


ファンデーションはパウダーとリキッドの2タイプがあり、その最大の特長は、素肌と一体化するような肌なじみのよさ。

丸みを帯びた特殊な形状のパウダーが肌になめらかに広がり、ファンデーションと肌を“融合”させるように自然になじんで、まるで内側から光を放つような明るい肌を演出します。


また、肌色を美しく引き立てるためにもかなりのこだわりが。
肌印象を悪くしてしまう原因のひとつになるといわれている黄色い光の波長を抑えることで、
くすみが目立ちにくく、血色感や透明感を演出することができるのだとか。


パウダーファンデーションは、軽やかなつけ心地で、ふんわりとしたソフトマットな肌に。
一方、リキッドファンデーションは、しっとりとしたうるおいも感じられるツヤ肌に仕上がります。
どちらも重ね塗りをしても厚くならず、自然にカバーできるのが魅力です。


個人的には、パウダーファンデーションのケースがとてもコンパクトサイズで持ち運びにも便利だと感じました。
スマートフォンよりも一回り小さいくらいなので、手のひらにもすっぽり収まり、ポーチの中でもかさばらないと思います。


また、一緒に発売されるプライマーも、肌そのものを美しく見せるような仕上がり。
ライトベージュのように見えますが、伸ばすとかなりナチュラル。
色はほとんどつきませんが、毛穴などの凹凸やキメをなめらかに整えて、肌をほんのり明るく見せてくれますよ。


肌に透明感をプラスしたい方やくすみが気になる方は、ぜひ試してみてくださいね。


ネガティブイメージを捨てて、ベースメークを楽しんで。


ベースメークはどうしても、「毛穴やシミを隠したい」「肌の色ムラが気になる」など、
肌のアラを隠すことに意識が向きがちですよね。


これはあくまで私の予想ですが、ベースメークはポイントメークに比べると、
少しネガティブなイメージを持っている方が多いような気がします。


もちろん、肌悩みをカバーして肌をキレイに見せることが本来のファンデーションの役割なので、
ネガティブな気持ちを切り離すのは難しいかもしれません。
(私自身も、ニキビ跡や赤みが気になるので、ついそこばかり気にしてしまいがちです。)


でも、せっかく毎日メークに時間を費やすのであれば、楽しい気持ちで行いたいですよね。


欠点を隠すことでなく、自分の肌の魅力を生かすことに意識を向けると、
きっと今よりもポジティブな明るい気持ちでメークを楽しめるはず。


そうすれば、もっと自分の肌を好きになれるのではないでしょうか?

Profile

橘めぐみ

橘めぐみ

大手化粧品メーカーの美容部員を経て、美容メディアの編集者に。現在は「LBR」(http://lbr-japan.com/)の編集を主に担当するほか、2018年4月より「日本すっぴん協会」において美容コラムを連載開始。 化粧品検定1級、コスメコンシェルジュ、化粧品成分上級スペシャリスト、メイクセラピーアドバイザー、スキンケアマイスター、コスメマイスターの資格を保有する。趣味は、週末に美味しい“かき氷”店めぐりをすること。

橘めぐみさんの関連記事

新着記事

もっと見る

新着コラム

もっと見る