日本すっぴん協会

美肌とは切っても切れないクレンジング&洗顔。至ってシンプル、今すぐできる方法は?

2019/01/15

コラムニスト : 千国めぐみ


こんばんは、千国めぐみです。


今回は、美肌を考えるにあたって
どうしても切り離すことができないクレンジング、洗顔について。



毎日しっかり洗うことが、時に肌の負担になることもありますが、
メイクはしっかり落とさなければ
それもまた肌へのダメージにつながってしまいますよね。


毎日メイクをし、働きに出かける現代では、
クレンジングや洗顔は避けることができないものです。


だからこそ、なるべく負担のかからないものを上手に選んでいきたいものです。




まず、やり方によっては肌に大きなストレスがかかってしまうものとして、クレンジング。


しっかりメイクを簡単に落とそうと考えると、
どうしても肌にダメージを与えやすくなってしまいます。


最近は肌へのダメージを考慮して しっかり落ちながらも、
ストレスの少ないクレンジングや優秀なお湯落ちアイテムもたくさん増えてきましたが、
それでもInstagramなどで皆さまから肌に関する質問を受付すると
クレンジングの悩みについてたくさんいただくので、ストレスを抱えている方が多い問題だと感じています。



そこで今回は、至ってシンプルで、今すぐ取り入れられるクレンジングの方法をご紹介したいと思います。



必要なものは、オイルとコットン。


オイルは、スキンケア用のフェイスオイルでもいいですし、
オリーブオイル*などでも構いません。白色ワセリンでも大丈夫です。

*必ずスキンケア用のものを選びましょう!


メイクをした状態で、オイルを手に取り、クルクルと肌になじませていきます。
そのあと、コットンで拭き取ります。


アイメイクは、コットンにオイルを染み込ませ
(ワセリンの場合はコットンの上にちょんと載せてコットン全体に伸ばして)、優しく馴染ませていきます。



その後、洗顔をしていくのですが、
肌にのせていくときに肌に泡を押し付けるように、
乳化させながら優しくクルクルと馴染ませていくのがポイントです。
(馴染ませた泡がだんだんもったりと重くなってくる感覚です。)



そしてぬるま湯で洗い流して、完了です!


ほんのちょっぴり丁寧に行うだけで、自宅に今あるもので
負担のかかりづらいクレンジングができるかと思います!




さて、次に洗顔について。


洗顔も、これまた本当に優秀なアイテムがたくさん発売されていて…
選ぶのに迷うほどです。


なのですが、肌に負担をかけづらい洗顔のキモは
時間をかけずさっとスピーディに、そして心の負担もかからない楽なものを!と私は考えているので、
それを踏まえておすすめしたいのが、
PHY洗顔フォームです。


▲PHY Wash 150mL 4,212円(税込)


PHYはすっぴん協会のイベントでもベース美容液を紹介しましたが…
こちらはなんと、ズボラさんたちにはありがたい泡タイプなんです…!涙。


疲れきった日も、がんばって泡立てる必要もなく、さっと洗顔できます。


そして、泡タイプの洗顔料は、洗浄力が強そうに感じますが…
こちらはマイルドな使い心地で、洗い上がりはとてももっちりです。


洗顔した後も、洗顔したっけ?と思うほど、つっぱり感や肌の表面が乾燥した感じがありません。
こんなに楽で仕上がりの良い洗顔料はレアだと思うので、一度使ってみてほしいです!




以上、私のクレンジングと洗顔のこだわりのほか、
おすすすめのアイテムもご紹介しました。


ただでさえ乾燥がすすむ季節ですので、
肌ストレスを感じづらいアイテムを上手に使って、この冬を乗り切りましょう!

Profile

千国めぐみ

千国めぐみ

Instagram

1988年7月5日、埼玉県生まれ。「mina」(主婦の友社)、「with」(講談社)、「steady.」(宝島社)でレギュラーを務める。ほか「美的」(小学館)、「MAQUIA」(集英社)など雑誌出演多数。アロマテラピー検定1級、アロマセラピスト、化粧品成分検定1級、化粧品成分上級スペシャリスト、美容薬学検定1級、漢方養生指導士、薬膳漢方検定、コスメマイスター、スキンケアマイスターの資格を保有し、美容に関する幅広い知識を持つ。

千国めぐみさんの関連記事

新着記事

もっと見る

新着コラム

もっと見る