日本すっぴん協会

美容家
松下侑衣花
続きを見る >
@Yuika1231 @yuika_matsushita
大学時代に某美容ライターの専属アシスタントを経て、独立。
多数雑誌、WEBでのコラム連載、ビューティーイベント出演、美容コンサルタントなど幅広く活動中。

ひと手間でメイク直し要らずのさらり肌に!私が実践する簡単テクニック

2019/05/28

前回は、「メイク崩れを忘れさせてくれる #さらり肌コスメ」としてスキンケアアイテムをご紹介しましたが、今回はメイク編!


汗や皮脂、冷房による乾燥など、とにかく化粧が崩れやすい夏。
特に気になるのは、ベースメイクとアイメイクではないでしょうか?


そこで今回は、ベースメイクとアイメイクを崩さないために私が実践している、簡単なテクニックをお伝えします!


肌と目元は塗りすぎ厳禁!


ただでさえ崩れやすい夏なのに、あれやこれやとたっぷり塗るとさらに崩れやすくなって肌も目元もドロドロになります。だから、塗る量は最小限に!

 

肌なら下地やファンデーション、目元ならアイシャドウやアイライナー、マスカラの量をなるべく抑えられるように意識を。
今まで多く塗っていた人は、量を減らすだけでグッと崩れにくくなります。



余分な下地とファンデーションはスポンジで吸収

まずはベースメイク。
下地やファンデーションの最小限の量がどのくらいか、最初から調整するのは難しいと思うので、まずはいつもどおり塗っちゃいます! 


そのときのポイントは、下地とファンデーションそれぞれを塗ったあとにスポンジで押さえること。
順番としては、下地⇒スポンジ⇒ファンデーション⇒スポンジです。



肌あたりが優しい乾いたスポンジを、肌と垂直になるようにトントンとするだけ。
横に伸ばすと、せっかく塗ったものがヨレてしまうのでNG!

 

この一手間で、余分な量の下地やファンデーションをスポンジで吸い取ることができ、時間が経っても崩れにくくなります。
私はこのおかげで、日中にベースメイクのお直しはほぼしません♪ 


スポンジは肌あたりが優しいものであれば何でも大丈夫! 100均のものでもOKです。
私は「ロージーローザ」のスポンジをずっと愛用しています。
角があるので、目周りや小鼻の細かい部分にもフィットしてちゃんと押さえられるところが優秀! 


ブレンディングブラシでアイシャドウの粉飛び防止


ベースメイクと同じく、アイシャドウも塗りすぎると目の下や横に粉飛びしてパンダ目になるので、
アイシャドウを塗ったあとにブレンディングブラシでササッと粉をはらえば余分な粉を落とせます。
車のワイパーのように大きく左右にサッサッと動かすだけ! 
ブレンディングブラシは、毛足が長くてふんわりしているものを選ぶのがキモです。


粉飛び防止にもなりつつ、アイシャドウがなじんでキレイなグラデーションをつくれるので一石二鳥♡ 



いつものメイクに一手間加えるだけで崩れにくくなるので、明日からぜひ取り入れてみてくださいね。

すっぴん美人図鑑

Gallery

もっと見る

ピックアップ

新着記事

もっと見る

新着コラム

もっと見る