日本すっぴん協会

野菜ソムリエプロ
菅野広恵
続きを見る >
@vegetaiment @hiroesugano https://ameblo.jp/hiroe-sugano/
ベジコン(野菜×婚活)ベジイク(野菜×育児)などのイベントを企画/主催。
婚活アドバイザー、ライター、本の出版、レストラン・飲食店や農家での野菜と美をかけたイベントも企画/主催。20年以上のモデルの経験から、美/食/ダイエットをテーマにした講演や、大学で講師なども務める。
ズボラな性格で現在育児中のため、時短で出来る美容法を得意とする。

腸内から美肌づくりを。冷やさない簡単習慣でキレイになる、冬のマイルール

2019/01/01

皆さん、美肌づくりの習慣を
シーズンごとに見直していますか?


私は、基本の美肌づくりのマイルールに
季節にあわせた方法をプラスすることでケアするようにしています。
時期によってお肌のメンテナンス法を変えてあげることが大切だなと
常々感じています。



例えば、春夏シーズンに摂ることの多いスムージー。
肌のために野菜を摂ることは大切だけれど
冬に冷たいスムージーで野菜を摂れば
身体が冷えてしまいますよね。


季節にあわせて毎日行う美容を変えていくことは
とても大切だなと思うんです。




特に冬の時期は
腸内を冷やしてしまうことが便秘につながったり、肌に影響が出てしまうような場合も。


そのため腸内環境を整える=美肌づくりだと私は考えています。


お肌や身体にとって冷えは大敵。
そこで今回は、“腸から美肌を保つ”をテーマに、日常生活で取りやすいものを中心にした
私の冬の美肌づくりのルールをご紹介したいと思います。




【1】朝は1杯の白湯を飲む



喉を潤したい朝は、いつも意識して水分を摂るようにしています。
この時期は1杯の白湯を朝飲むことが習慣。


朝温かいものを飲むと、なんだか心もホッとしますよね。
起きたてで暖房が効ききっていない部屋にいるときも、芯からポカポカする感じになりますよ。



【2】飲み物はホットを中心に



私は水分をたくさん摂るほうですが、冬場はホットドリンク率が高め。


お風呂上がりに冷たい飲み物をいただくこともありますが、
この時期は、自宅にホットで飲んだら美味しいドリンクを複数用意することにしています。


ゆず生姜ドリンク、ルイボスティー、紅茶、緑茶、ココア、ホットミルク…などなど、
食事と一緒にいただいたり、おやつとして飲んだり、寝る前の小腹が空いた時に飲んだり
腸内を温めることはもちろん、さまざまな面で私の美容や健康を助けてくれる大活躍のmyドリンクです。


最近のお気に入りは、ルイボスティーにミルクをプラスして飲むこと。体の芯から温まります。



【3】冬は、生サラダより温野菜を



サラダは体に良いと言われますが、これも食べる時期が大切!
生野菜には身体を冷やす作用もあるので、夏場に食べるのはとてもいいのですが、
冬に沢山摂ってしまうと、かえって身体を冷やしてしまうことにもなりかねません。


そのため私は、冬にサラダを食べたい時は、温野菜でいただくことにしています。
カブやキャベツ、人参などを蒸して塩やドレッシングで食べたりしていますよ。


その他、冬に野菜を沢山食べたい時には、スープにしたり、鍋に入れたりするのもGood!



【4】体の中から温めてくれる野菜を食べる



野菜には、体を冷やす野菜と温める野菜があります。
わかりやすい例で言うと、夏に収穫できる野菜は体を冷やす野菜、
冬に収穫できる野菜は体を温める野菜と言われています。
腸から体をポカポカにしたい冬は、根菜類など冬野菜をメインにいただくのがおすすめですよ。



【5】スムージーはホットスムージーにチェンジ



一杯で数種類の野菜・果物を摂取でき、時間短縮もできて私も大好きなスムージー。
ですが、冷たいスムージーは冬には不向き。冷えの原因にもなってしまいます。


そのため、私は冬にはホットスムージーを飲んでいます。
作り方は簡単で、お水をお湯に変えるだけ。ホットスムージーは寒い冬にも体の中から温めてくれるのでおすすめです。





冬は冷えやすくお肌も硬くなりやすいので、腸内から綺麗になることを心がけています。
皆さんも、身体を冷やさないことを意識して
ぜひ腸内からキレイを整えていってみてくださいね♡

すっぴん美人図鑑

Gallery

もっと見る

ピックアップ

新着記事

もっと見る

新着コラム

もっと見る