日本すっぴん協会

通勤メイクプランナー
cocon
続きを見る >
@cocon_makeup https://cocon-makeup.com/
通勤メイクプランナー/29歳/混合肌/(肌悩み)色白でしみが目立つのが悩みです/コスメコンシェルジュ・美容薬学検定1級・メイクレッスンアーティスト認定/日々を少し楽しく過ごせるメイク術や、メイク映えする肌をつくるインナービューティーについてみなさんと共有していきたいです♡

#わたしのためのコスメリスト はじめます!

2019/10/30

こんにちは。
通勤メイクプランナーのcocon(ここん)と申します。


この度、すっぴん協会さんで
#わたしのためのコスメリスト というテーマで、コラムを書かせていただくことになりました!


誰にだってコンプレックスはあるもの。
“ここをもう少し、キレイにできたら”
そう思ったことがある人は多いのではないでしょうか。


このコラムを書かせていただくにあたり、少しじぶんのお話をさせてください。
私は以前、若年性乳がんという病を治すために、抗がん剤治療を受けたことがあります。
この治療は、副作用が強く、髪も、眉もまつげも抜けてしまいます。


そんな状態ですから、一歩外に出れば人の目が気になってしまい、どんどん外出するのが怖くなり、
どんどん心が沈んで行ってしまいました。


でも『このままではいけない!』と、一念発起。
楽にかぶれてお洒落なウィッグや帽子を研究。
眉毛はどうせならと、好きな女優さんの眉毛をコピーしたりひたすら似合う形を研究し
まつげはないなら引くしかない、とアイラインを極めました。


△治療中の私。帽子に前髪ウィッグをつけ、眉とアイラインを丁寧に描いて過ごしていました。


すると、段々もともとの自分より垢抜けていって、人に褒めていただける機会も増えていきました。
次第に心が前向きになって、治療の効果もアップ!
主治医も私も、うれしい驚きでした。


この経験を通して、私は心から実感しました。
『美容で身なりを整えることは、ただの自己満足でも義務でもなくて、
生きる力を与えてくれる!』
って。


これが私の原動力であり、ルーツです。


私の場合は、たまたま「病気」がきっかけだったけれど、
シミが気になる、とか、あとちょっと○○だったらいいのに、とか、これってだれにでも当てはまることだと思うんです。


だから私は、今なにか自分のことで迷っていて、それが少しの工夫で、ちょっとの一歩を踏み出すことができるようになる、
「大丈夫だよ」と寄り添って背中をさすってあげられるような、そんな美容を伝えていきたいと思っています。


だってそれが、生きる力のカケラになるって私が一番知っているから♡


このコラムでは、そんな思いを込めて、
わたしをつくってくれる美容にまつわるエトセトラ『#わたしのためのコスメリスト
をご紹介していきたいと思っています!


これからどうぞ よろしくお願いいたします♡


cocon


すっぴん美人図鑑

Gallery

もっと見る

ピックアップ

新着記事

もっと見る

新着コラム

もっと見る