日本すっぴん協会

美人研究家
石井綾
続きを見る >
@aya1001aya https://ameblo.jp/aya207016
美人研究家/35歳/遺伝子解析アドバイザー・ホリスティックビューティーアドバイザー・マクロビオティックコンシェルジュ・インナービューティーダイエットアドバイザー・骨格診断ファッションアナリスト/乾燥敏感肌/(肌悩み)乾燥・ニキビ/「透明感×女っぽさ=美人」という独自の定義をベースに“年齢を重ねるたびに美しくなる人”“年齢を重ねても美しい人”の秘訣を内面美と外見美の両方から研究し、ブログ等で発信中。

30歳からの美人の秘訣。“透明感”の作り方 #透明感のつくりかた

2019/10/18

“年齢を重ねる度に美しくなる人”の共通点は「透明感」。
いくつになっても「透明感のある人」でいられるように。年齢を重ねることを楽しいと思えるように。
美人研究家・石井綾が、30歳からの「透明感のつくりかた」をご紹介します。

「キレイになりたい」


誰から教えられた訳でもないのに、
物心ついた頃から、
私たちは“キレイになる”ための行動を無意識に始めます。


好きな人ができた。失恋した。
叶えたい夢ができた。


心が熱くなる出来事が起こった時には、
“キレイになりたい”という想いが、行動を後押しすることも。


女性にとって、この想いは本能的なものであり、飛躍のきっかけにもなります。


だからこそ女性は、いつまでもキレイな私でいたい、という想いを抱えているのではないでしょうか。




ただ、そんな想いと裏腹に、
30歳を超えた頃から徐々に痛感するのが「加齢現象」。


シワ・ほうれい線が気になる・・・
肌トラブルが治りにくくなった・・・


キレイになるために頑張っているのに思うようにいかなくて
嬉しいはずの誕生日に、ちょっとため息をつくこともありました。


でも、周りを見渡してみると
40歳を超えても、美しさで周りを魅了する女性
年齢を重ねる度に、美しくなる女性

もいることに気づきます。


同じように年齢を重ねているのに
なぜ「違い」が生まれるのだろう・・・?


その違いについて考えた結果、
私が出した答えは「透明感」でした。



彼女達は、決してシワやほうれい線・シミが皆無というわけではないのです。
それより何より、彼女達の“あふれ出る透明感”に、目を奪われてしまう。


透明感には、
“お肌の加齢現象”さえも目立たなくする力があるようです。


そして、そんな透明感あふれる女性達を見ていると、
「あんな風になれるなら、年齢を重ねるのも楽しそう!」と思えます。



年齢を重ねるとともに、減っていくものはたくさんあるけれど、
「透明感」は、今よりもっと増していくこともあるはず。


そう考えて、私自身、“透明感作り”を意識しだしたところ、
30歳だった5年前よりも「今の自分」の方が美しいと感じるようになりました。



「透明感」のある女性は、いくつになっても美しい。


あなたも、透明感を身にまとい、
「年齢を重ねる度に美しくなる私」を目指しませんか?


次回からは、私なりの透明感の作り方や
私の周りにいる美人から学んだ、透明感の作り方をお伝えしていきます。


ではまた!

すっぴん美人図鑑

Gallery

もっと見る

ピックアップ

新着記事

もっと見る

新着コラム

もっと見る