日本すっぴん協会

美人研究家
石井綾
続きを見る >
@aya1001aya https://ameblo.jp/aya207016
美人研究家/35歳/遺伝子解析アドバイザー・ホリスティックビューティーアドバイザー・マクロビオティックコンシェルジュ・インナービューティーダイエットアドバイザー・骨格診断ファッションアナリスト/乾燥敏感肌/(肌悩み)乾燥・ニキビ/「透明感×女っぽさ=美人」という独自の定義をベースに“年齢を重ねるたびに美しくなる人”“年齢を重ねても美しい人”の秘訣を内面美と外見美の両方から研究し、ブログ等で発信中。

15分だけ早起きでOK!余裕と丁寧さが美人への近道。メイクを美しく仕上げてキープする秘訣

2019/01/25

皆さんこんにちは!
日本すっぴん協会アンバサダー1期生の石井綾です。


今回は、私が行っている
メイクが美しく仕上がり、化粧もちも向上する方法をお伝えしますね。



それは、
ひと工程ごとに“最低3分”は時間をあけることです。


私のスキンケアからベースメイクの過程を例に挙げて説明すると、

化粧水→オイル→日焼け止め→下地→ファンデーション

この矢印部分に私は、毎回3分~5分の時間をあけているのです。



理由は、時間をあけることで
そのスキンケア・ベースがしっかりピタッとお肌になじむから。




ベースメイクって、“重ねていくもの”ですよね。


私はミルクレープみたいだなと思っていて。笑
ミルクレープって、出来立て熱々な生地の上にクリームを重ねても
崩れるだけ。
時間を置き、粗熱をとって生地を落ち着かせて
クリームを重ねることで美しく崩れない層が出来上がるんです。


ベースメイクもそれと同じだと考えています。
時間を置いてなじませた上に、重ねること。
そうすることで、“美しく崩れにくい”仕上がりが叶いますよ!



「朝、そんな時間無いよ~」
「ギリギリまで寝ていたい」


確かに朝はバタバタしがちですし、この気持ちよーくわかります。


なので私は、置いている時間に
髪を巻いたり、ささっと掃除機をかけたり、お皿を洗ったり・・・。



朝はやることが多いから、起きてからの時間はバタバタしちゃう。
そんな時は、美容の時間にほかのことも組み込んで
一緒にやってしまいましょう。




それにね、早起きは15分で良いんです。


15分早起きするだけで「1日中美しい私」でいられて。
しかもその15分で、丁寧にスキンケア・ベースメイクをすることで
“自分に手をかけられているなぁ”と感じることもでき、
何だかhappyにもなれちゃう!


どうでしょう、15分の早起きが楽しみになりませんか?


余裕と丁寧さが美人をつくる。
ぜひ、やってみてくださいね。

すっぴん美人図鑑

Gallery

もっと見る

ピックアップ

新着記事

もっと見る

新着コラム

もっと見る