日本すっぴん協会

すっぴんの楽しみ方やすっぴん美肌づくりのお作法を探る、日本すっぴん協会の公式サイト

脱・三日坊主!美肌習慣が定着する「キレイをつくる心理学」 - 山名裕子

すっぴん美人の 大人の『スハダ力』養成講座

脱・三日坊主!美肌習慣が定着する「キレイをつくる心理学」 – 山名裕子


「新習慣」を取り入れると、
こんないいことが!

行動が変わると気分も変わり、モチベーションアップ!新たなチャレンジで行動や思考の選択肢が増えると落ち込みにくくなる、危機的状況や緊張に強くなり自信が持てるというメリットも。
視野が広がり、普段と違う角度からものを考えられると、モヤモヤがスッと晴れることもあります。
環境や生活リズムが変わると同時に新しいことを始めると習慣化しやすいので、休み明けや異動のタイミングは絶好のチャンス!新たな挑戦で「ココロ」が動けば、憂鬱な気持ちが楽になるかもしれません。
顔色も良くなり、お肌にもハリが出てくるでしょう。


こんなココロならうまくいく!
キレイになれる4つのヒント



冷静に自分を理解し、
「ちょうどいい目標」を設定

まずは目的と目標を明確化・具体化してみましょう。高すぎる目標は続きませんし、低すぎても達成感が味わえずやりがいが感じられないため、モチベーションは維持しにくいのです。
そこで、
  • 今、自分にできること
  • その分野における自分のレベル
この2つを冷静に把握し、自分を知ることが成功のカギ!
自分のレベルより少し高いくらいの目標を設定し、最終目標の下に「ここまでできたら、とりあえず合格!」という水準を設けましょう。
自分で「いいね」や「OK」のポイントを溜めていくことで、自信につながります。

スハダ力アップのワンポイントアドバイス

脱・三日坊主!美肌習慣が定着する「キレイをつくる心理学」 - 山名裕子
キレイになりたいあまり、たくさんのアイテム選びや過剰なスキンケアに時間をかけすぎていませんか? 「やりすぎないシンプルなお手入れ」で毎日じっくり丁寧にお肌と向き合える『スハダカ【suhadaka】』なら、無理なくスハダ力が向上しそう。


ご褒美も大切!
大いに自分をホメて

脱・三日坊主!美肌習慣が定着する「キレイをつくる心理学」 - 山名裕子
人には「承認欲求」があります。自ら褒めて満たすことも大切ですし、周囲の協力や環境の支えは、挑戦を成功させるポイントに。家族や友人、恋人に「変化を認めて」もらい、モチベーションを維持しましょう。ベタですが達成した時の「自分へのご褒美」も効果的です。
「目標まであと一歩」というとき、なかなか上手くいかないのはよくあること。焦りは禁物です。終盤は順調に進歩・成長できなくても、維持できたら自分を褒めてあげましょう。

スハダ力アップのワンポイントアドバイス

「肌キレイ!」と褒められると、とってもうれしいですよね。シンプルなお手入れを叶える『スハダカ【suhadaka】』なら継続もしやすく、肌の変化も感じやすいかもしれません。少しでも変化を感じられたら、自分を大いに褒めてあげてくださいね。


ご褒美も大切!
大いに自分をホメて

脱・三日坊主!美肌習慣が定着する「キレイをつくる心理学」 - 山名裕子
五感(視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚)を刺激すると、ストレス発散になると言われています。
五感を刺激してリフレッシュ&リラックスしながら取り組みましょう。
  • アイテムは好きな色で
  • 好きな香りに包まれながら
  • テンションの上がる、好きな音楽を流しながら
  • ウェアやタオル、マットなど、好きな肌触りに包まれながら
など、「好きなもの」で五感を刺激し、リフレッシュ&リラックスしながら取り組む習慣を。


「こうなりたい」を唱えよう

脱・三日坊主!美肌習慣が定着する「キレイをつくる心理学」 - 山名裕子
例えばスキンケアなら、「中から潤え~」、「透明感いっぱいになあれ」など、目標を唱えながら行うことで、肌が応えて現実のものになったりします。自分の肌に期待し、信じることで効果は表れてきますから、「なりたい肌」をイメージするのがポイント。無理する必要はありません。やりすぎは忙しい時期や体調が優れない時に継続できず、不安や断念の原因に。毎日続けられるくらいの努力が大切です。「このアイテムは世界一!」と信じながらのケアも効果的ですよ。

スハダ力アップのワンポイントアドバイス

スハダカ【suhadaka】』のようなワンステップで完了するアイテムなら、自分の手で毎日じっくりとお肌に向き合えます。理想を唱えながら、自分の肌を大事に丁寧にお手入れしてみましょう。

itemPhoto

山名 裕子(28歳)

臨床心理士(心の専門家)1986年5月7日生まれ。
静岡県出身。
著名な精神科医師の父を持つ心理学会のサラブレット。
心理学資格の中で最難関とされる「臨床心理士」の資格を取得し、自身のメンタルケアオフィス「やまな mental care office」を東京青山に開設。ストレスケアと認知行動療法を主軸にカウンセリングを行う。精神障害から人間関係の悩み、美容やダイエット、恋愛まで、日常のありとあらゆる悩みに対応している。
カウンセリング文化が定着している欧米に比べ、まだまだ偏見の残る日本でカウンセリングの大切さを伝えるため、メディア出演をはじめ幅広く活動中。

itemPhoto

日本女性の素肌のためのお手入れを見つめ直し2015年3月に誕生した、「肌水分を留める」新発想のスキンケアシリーズ『スハダカ【suhadaka】』。 2015年6月下旬より、全国のバラエティショップにて「スハダカ 潤い肌の水分美容液」が新発売。

洗顔後はこれ1本。過剰な皮脂トラブルに悩むお肌のために

(左) スハダカ 潤い肌の水分美容液

150ml 1,800円 (税抜) / 300ml 3,000円 (税抜)

100% (※2) 温泉水でつくった、日本女性の肌のための濃縮ミルク

(中) スハダカ 潤い肌のミルク美容液

150ml 1,800円 (税抜) / 300ml 3,000円 (税抜)

(※1)水を含む (※2)ベース水として

94% (※1) 保湿成分でつくった、泡立てずに洗うジュレ水洗顔

(右) スハダカ 潤い肌のジュレ水洗顔

180g 1,400円 (税抜)


PR

Posted:

2015/02/01

おすすめコンテンツ

ピックアップ